<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
猫丸的語呂合わせ
今週末は資格の試験ぷー。
いつも通り、語呂合わせで乗り切るぜぇ!


『危険物第3類の物品名』の語呂合わせ

キリンさん かなり馬鹿
あるある、取り柄ある
アリさんノルマぶっちぎり
タンタン叩いて母さんは
スイカの鳴りをチェックする
りんかの彼氏は取る苦労知らん



キリンさん : 黄リン

か : カリウム
な : ナトリウム
り : リチウム
馬 : バリウム
鹿 : カルシウム

あるある、取り柄ある :
アルキルアルミニウムのトリエチルアルミニウム

アリさんノルマブッチギリ :
アルキルリチウムのノルマルブチルリチウム

タンタン叩いて母さんは :
炭化カルシウム
炭化アルミニウム

スイカの鳴りを :
水素化ナトリウム
水素化リチウム

チェックする : ジエチル亜鉛

りんかの彼氏は : りん化カルシウム

取る苦労知らん : トリクロロシラン


ナニガナンダカ分からなくても良いのです。
リズムで覚えてしまえれば、それで良いのです。

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
音小屋オープンマイク
何がキッカケだったか思い出せないんだけど、最近、AREAのアニキと弟と仲良くなって、音小屋のオープンマイクで一緒に80年代のHR/HM系を演ったりしてる。
いつもアホなことばかり言ってる感じな兄弟なんだけど、アニキのベースも弟のギターもめちゃくちゃ上手いんだよ。
オープンマイクだから、事前に集まって練習なんかしてないけど、とっても歌いやすい。

今日の音小屋オープンマイクは、なんとなくいつもより人が多く集まった上に、演奏した人達がやけにレベル高くて、通常のライブより面白かったな。
こんな面白いもの、ノーチャージで観れるなんて、お得感満載っ!

今日、音小屋で何人かの方に、『猫丸さん!』て声をかけて頂いたのですが、常にボケ〜っとしてるアタシは、どなただったか瞬時には思い出せなくて、アワアワしてしまったのです。
もうね、皆さんの記憶力に敬服するばかり。
でも、覚えていてくれて、声をかけてくれて、ありがとうございます!
嬉しいです(^-^)

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
御墓参り
沖縄に、御墓参りに行きました。

ここ数年、うちの両親は沖縄に行く度に、『沖縄に来れるのも、これで最後かも知れない』なんて言っているが、今のところピンピンしている。

那覇空港からレンタカーで那覇の国際通りへ。



ぜんぜん趣きのないシーサーがお出迎え。
煌びやかな大通りから、横道に入った奥にある公設市場は、ちょっと面白い。
見て!これ!!


エビ、生きてます。

前の週に沖縄ライブを敢行したAREAのメンバーのフェイスブックに、ちょー美味そうなステーキの写真がアップされていたので、アタシ達もそのステーキ屋へ!






食事を終え、車で北上。
恩納村のムーンビーチホテルへ。



ここは、老舗のリゾートホテル。
60年近く前に、うちの両親も泊まったらしい。

翌朝、お婆ちゃんのお墓がある伊江島へ。
本部港からフェリーです。


アタシとお父さん、おでこがそっくりだな(笑)

あれが、伊江島。



お墓を掃除して、お供え物して、お婆ちゃんに三線で沖縄民謡を献上。




茅ヶ崎在住のMさんが、伊江島のハイビスカス園のことを教えてくれたので、今回、初めて行ってみました。

…がっ!

なんと、工事中〜(泣)!!



でも、途中までは入れたので、歩いてみました。







綺麗なハイビスカスの数々!
花が好きな両親、大感激。
来年の春には改修工事も終わってるので、次に来る楽しみが出来たと大興奮。
今回が最後の沖縄かも、なんて言いつつも、また来る気満々の両親(笑)。


お爺ちゃんが住んでいた家にも行きました。
今はもう、誰も住んでない。



アタシ、小2の時、ここに泊まりに来たことあるんだけど、家の中がどんなだったか、全然覚えてないんだよね〜。

門の上にはシーサーがいて、ちゃあんと家を守ってくれてる。




お婆ちゃんのお友達にも逢いました。



なんと、100歳だって!
アタシのことを、アタシが産まれた時から知ってるお婆ちゃん。
数年に一度しか会わないのに、アタシのことを覚えていてくれるのが、めちゃくちゃ嬉しい。
このお婆ちゃん、大好き!
お元気そうで良かった(^-^)



何年か前に、ある占い師に、『あなたは母方の田舎のお墓を守る使命がある』っていわれたんだ。
妹が海外に行ってしまった今、たしかに、アタシが墓守するのかもね〜って思うのです。

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
修羅場ライブやりました


昨日は、横浜ベイシスで修羅場温泉チャンネルやりました。
ありがとうございました(^-^)



横浜ベイシスは、以前は結構出てたハコなんだよね。
修羅場のホームグラウンドだったし、ソロを始めたばかりの頃は、よくお世話になった。
だから、安心して演れました。

それにしても、修羅場温泉チャンネルは、疲れる。
もう二度とやりたくない(笑)。

昨日は、リーと春夫の行きつけの飲食店の女将さんが、娘と孫を連れて、観に来てくれた。
前に会った時、1歳半か2歳だった孫が、もう9歳だって!
1歳半か2歳の時に修羅場を見た後、『ねこまるちゃん』『りーくん』『はるおちゃん』って言いながら3人のモノマネをしていたらしいんだよね。
可愛い(^-^)

そんな可愛いヨチヨチ歩きが、もうこんな可愛い少年になっていた!!


『ねこまるちゃん、結婚してください』って言われちゃったよ〜(照)!


リーと孫くん。


春夫と女将さんと孫くん。
なんか…シュールだ(笑)。


みんなで!


もっとみんなで!!


他にも見に来てくださった方々おりますが、写真撮ってなくてごめんなさい!
皆さまに、本当に感謝しています。
本当にどうもありがとう!!

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
明日ベイシス
明日(11/17)、久々、修羅場温泉チャンネル@横浜ベイシスぷー!!

■2018年11月17日(土)@横浜 ベイシス
Open 15:30 Start 16:00
Charge ¥2,000(ドリンク別)
【出演】
修羅場温泉チャンネル
OK/UK
チャーリィゴードン
Fast Liver
Brat’s Joke
CHOGUN
quartz
etc
べーんべー
MC 中村貴志。(from21世紀音楽隊)
※修羅場温泉チャンネルで出演!!トップバッターで16時出演予定☆
【お問い合わせ】
横浜 BAYSIS
横浜市中区常盤町3-25サンビル B1
TEL 045-227-5528
URL http://www.yokohamabaysis.com/

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
ボイトレグループレッスン
昨夜はモンチカ先生のボイストレーニングのグループレッスンだった。

アタシは個人レッスンの他に、F氏と共にグループレッスンも受けている。
グループレッスンには、個人レッスンとは違った魅力がある。
声の変化は、自分じゃ分かりにくいじゃない?
でも、他人の変化はよくわかる。
なので、一緒にレッスンを受けてる仲間の姿が、自分を映す鏡にもなるんだよね。

モンチカ先生のレッスンには、独特な練習メソッドが沢山あるんだ。
あるメソッドを実践した後、F氏の歌い方が変わると、そのメソッドがこんな風に効果的なんだと理解出来るし、逆に、F氏がアタシの変化を見て、『こっちの歌い方の方が、聴き心地が良い』などと、客観的な感想を言ってくれたりもする。
そういう事が、練習方法の理解を深める助けになるよね。
自分じゃよく分からないからね。
声って、頭蓋骨に響く自分の声と、空気を伝わって相手に届く声とで、ずいぶん違うんだよね。
勘違いしていた自分の声の響きのポイントや、気付いてなかった自分の変な癖を微調整していくのに、グループレッスンは、とっても効果的だと思う。


それから、昨日は、歌詞を読み解きながら、歌い方を決めていく作業をした。
モンチカ先生は、アタシの歌詞をじっくり読んでくれて、こういう絵が浮かぶよね、色はパステル系な感じがする、会えなくて寂しいのではなくて、大切にしたいという想いをもっと出せる表現の方が良いのでは?などと、アドバンスをくれる。
歌詞の隙間隙間に見える景色と対話するように歌うんだと言う。
なるほど。
これを今読んでる人に、こういう言葉がピンと来るかどうかは分からないけど、アタシには、ピンと来たんだよね。
歌詞の隙間隙間に見える景色と対話しながら、もう一度歌う。
すると、自分でも歌に入り込めるのがよく分かる!
ライブの時に、歌に入り込める時とそうでない時とがある。
会場の暗さだったり、返しのモニターの具合だったりもあるけど、そんな周りの環境に左右されずに、いつも100パー入り込めなきゃダメじゃない?
今回のモンチカ先生の一言、忘れないようにしよう。

次に、F氏の歌。
モンチカ先生がF氏の歌詞を紐解く。
アタシは横でそれを見ている。
アタシだったらどう思うかな、などと考えながら。
モンチカ先生の感性は、アタシの想像をはるかに飛び越えたアドバイスをする。
はぁ〜、なるほどねー。
と、いつも感心する。
しかも、声の出し方のアドバイスも、その人のその歌のその歌詞の部分に応じて、セオリー通りではない歌い方をアドバイスしたりするわけ。
普通は、高い声を出す時、顎を上げないように注意するのに、F氏がこの歌のこの部分を歌う時は、顎を上げてもいい、とか。
なんでかってゆーとー、F氏は、こういう時にこうする癖があるから、そうならないために顎を少し上げて、伸び伸びと出した方が良いから、と言うのだ。

確かに人はそれぞれ身体の使い方の歴史が違うから、癖でチカラが入っちゃう場合は、チカラを抜ける体勢に持っていく方が、一般論を押し付けるより重要なんだね〜。
そういう、細やかさが、またモンチカ先生の凄いところだと思うんだよ。
ひとりひとり、違うから、ひとりひとり、ちゃんと見ていてくれてるんだよ。
みんな、真剣にやるなら、モンチカ先生に習うと良いと思うよ!

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
サザンのイベントに出る夢
昨日の夕方、職場の先輩女子とサザンオールスターズの話をしたせいか、
今朝、こんな夢を見た。

地元茅ヶ崎で、サザンのイベントが開催されると言う。
いきさつは全く覚えてないが、アタシは知り合いのツテで、そのイベントに前座か何かで出ることになった。
身に余る光栄ではあるけど、『凄い嬉しい!』って感じではなく、『アタシでいいの??』って感じだった。

サザンがどういうバンドなのかは、もちろん知ってはいるけど、有名な曲しか知らないし、コンサートに行ったこともないし、桑田佳祐さんが前座にどういうものを期待しているのかとか、コンサート中のお客さんのノリとか、何にもわからない。
だから、このイベントに出るにあたり、アタシがどう花を添えたら喜ばれるのか、全然わからない。
でも、もう、何も考えずに、いつも通りの猫丸センチメンタルチャンネルやるしかないよね?って思った。

細かい打合せも連絡も何もなく、当日が来た。
タイムテーブルもわからない。
まぁ、アタシはきっと前座だから、始まる頃にスタッフに呼ばれるんだろう、と思って、オープンした会場内をブラブラ歩きまわっていた。

サザンのイベントにアタシが出ることを知った昔の友達が何人も来ていた。
サザン効果、すげーなと、思った。
普段のアタシのライブには絶対に来れない主婦の友人まで動員する威力、凄いな、と。

会場でブラブラしていたら、急に、サザンのライブが始まった。
あれ?前座のアタシより先に、メインのサザンが始まったけど、どういうこと??
と、思っていたら、どうやら、サザン自ら余興で最初に少しやる、という構成だったみたい。
しかも、アタシ以外にも何組かのアマチュアミュージシャンが出るっぽい。
もしかしたら、アタシは、前座とか、余興とか、イベントに花を添えるとか、そういう立場での出演ではないのか??
ヒヤリとした。
怖い〜っっ!!


…ってところで、目が覚めた。
大きなイベント会場の、独特な空気感、リアルだった。

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
仕立て
モンチカ先生の叔母上は、御歳90にもなるらしいのですが、現役で洋服の仕立てのお仕事をされている。
そこで、アタシも1着作って頂きました!
服の上から羽織れる薄手の羽織です。
じゃんっ☆


袖が可愛い!

襟も可愛い!


素敵(^-^)

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
ちがらじ主催チャリティーライブ
昨日は、茅ヶ崎は浜見平のブランチ2というショッピングモールでのチャリティーライブに出演しました。
これは、地元茅ヶ崎でラジオの情報番組などをやっている、『ちがらじ』さん主催のイベント。
茅ヶ崎の町をもっと住みやすくするためのチャリティー。

昼間のショッピングモールという場所なので、お年寄りが多いとふんだアタシは、三線で沖縄の唄を歌いました。



こういう時の飛び道具として、沖縄民謡は、イイ(笑)。
ご年配の方々が足を止めて、聴いてくださいました。
『安里屋ゆんた』なんて、お客さんが合の手を入れてくれて、びっくり!
結構、皆さん、ご存知なんですねー。

楽しい時間を、ありがとうございました!


| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
エルワーズありがとう
平塚のエルワーズで歌いました。
モンチカ&猫丸のツーマン。



予想外の満席御礼っ☆
びっくりしました。
ありがとうございました〜!!

昨日は、ワタクシ、古い曲特集でした。
アタシは昔、『桜吹雪上海上空』というバンドをやっていたのですが、そのバンドの初期の頃の曲を中心にやりました。
良い曲いっぱいあったんですよ、あのバンド。

それと、昨日は、自分の中で、『丁寧に歌う』というテーマを設けていました。
と、言うのも、前日のモンチカ先生のレッスンで、ある戦略を立てたのです。
ロックだから感情重視で良い、とか思っていたけど、もう一手間加えることで、聴き手に『コイツ、わかってる』と思わせる。
それをちょっと狙っていこうというわけですな。
その第一段階として、丁寧に歌うことをしばらく心がけようと思います。

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
PROFILE
ENTRY
ARCHIVES
COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS