<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
美ら海水族館
沖縄2日目は、それぞれのレンタカーで美ら海水族館へ。

美ら海水族館へ向かう途中の海が、ちょー綺麗!!


遠くに伊江島が見える。

兄ちゃんとヨウコさんは、海そっちのけで、ヤドカリに夢中(笑)。



美ら海水族館の入口。
安っぽいセットの前で記念写真。
スタッフの人に、全員、シーサーのポーズを強制される。



でも、出来上がった写真が、意外と良い(笑)。

ジンベイザメの水槽。

何度見ても、この水槽は圧巻。

ジンベイザメの水槽の前のカフェで、toriwo&アズニャンチームと遭遇。


ジンベイザメの水槽の前にカフェがあるの、知らなかった。
水槽のガラス際のシートをゲット。







うひょー!
凄い!!


美ら海水族館を出て、海洋博公園をぶらぶら。


海の向こうに伊江島が見える。

エメラルドビーチに行ったり、


イルカショーを観たり。


今回出ていた8頭のイルカのうち、オキちゃんというイルカは、なんとっ!
1975年の沖縄国際海洋博覧会が開かれた時からいるんだって!!
凄いな〜。
イルカショーの壮大なBGMの効果も相まって、イルカ達の頑張りにめちゃくちゃ感動した〜(泣)!

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
音小屋 in 那覇
AREAの沖縄ツアーに同行した。
今年の沖縄ツアーは、toriwoとカップリングツアー。

最初はAREAとtoriwoのライブを観るだけの予定だった。
が!
『アズニャンも出るから、猫氏も出れば?』
と言ってもらって、出演することに。

沖縄は、那覇にある『Live Station G7』というお店。


トップバッターは、アズニャン。


続いて、アタシ。


そして、toriwo。


トリがAREA。



このメンツ、まるで音小屋にいるみたいだった(笑)。


今回、沖縄でライブをやらせてもらう機会を頂いて、本場の沖縄で、沖縄民謡を歌わせて頂きました。
最初は、『沖縄県民の前で、沖縄民謡を歌うなんて、大丈夫?アタシ??』と思っていたけど、地元の方々が笑顔で観てくれていて、嬉しかったな。
自分的にも、やりきった感があったし、お客さんに楽しんでもらえた感が得られたのもあって、終わった後は美味しいお酒♪

アズニャンとtoriwoとAREAという、音小屋感満載の出演者とご一緒させて頂いて、もう、ほんと、めちゃくちゃ楽しくて、幸福感で、最高の夜だった。

こんな素敵な夜をありがとう!!



女子だけで。
左から、アズニャン、ヨウコさん、アイちゃん、アタシ。


G7のマスターを囲んで。

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
修繕
先週の金曜日、自転車で駅に行く時に、コートの紐が自転車の車輪に引っかかって切れた。
自転車の勢いが凄かったせいか、切れた紐の切れっ端は、何処かに飛んで行ってしまって見当たらない。

このコートのチャームポイントは、シッポみたいなこの紐だと思ってるアタシは、ちょっとショックだった。

2本あるうち、1本切れた状態。
このままでも良いけど、なんか気持ち悪い。
それなら、もう一本の紐も切ってしまうか?
それもなんかなぁ。。

直すか。
仕事の帰りに手芸屋さんに寄って、似たような色と太さの綾織テープを購入。



これが、切れ残った紐。

この太さのこんな紐が一瞬で引きちぎれるって、凄い力が掛かったんだね〜(驚)!


アタシ、ミシン持ってるんだ。


古いミシンだけど、ここぞという時、ほんと助かる。


ここを開けて、切れ残った紐を出して、買ってきた紐を繋いで、

紐の先を出して


紐の先端を処理して、

完成〜!!


紐の色が左右で若干違うが、それもまた愛嬌(^-^)

このコートはお気に入りで、もう、一生このコートで良いと思ってる。
きっと今後もあっちこっち切れたり破れたりすると思うけど、その都度、出来る限り直していこう。



るん♪

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
母校
長岡に行った。

長岡技術科学大学で開催された『4th STI-Gigaku 2019』という国際会議(←ちょっとした学会みたいなやつ)に参加したんだ。

久しぶりの母校。
晴れた日もあった筈だけど、えてして、天気が悪いイメージ。
えてして、これ↓


久しぶりに来たけど、イメージ通り、記憶通り。

この学会には、日本全国から、高専生や留学生も沢山来ていた。
若い世代の人が、エネルギー、気候変動、貧困や飢餓などといった地球規模の課題解決をテーマに、情報交換や国際交流するような場だった。

また、海外の著名な研究者の方々がスペシャルゲストとして講演されていた。
こういう国際会議的なやつは、聴講者が圧倒的に日本人でも、発表は英語。
外国人ゲストのスピーチはもちろん、日本人のポスター発表も全て英語。
アタシも作りましたよ、英語のポスター。




学会終了後に、学生時代にお世話になった先生や先輩と話せて楽しかった。
もうね、アタシのちょっと上の先輩とか、ちょっと下の後輩とかが、世界を股にかけて活躍してるんだよ。
びっくりだよ。

今日参加していた母校の学生さん達や、全国から集まった高専生や留学生にも、意識の高さを感じたよ。

こういう会を主催するこの学校も、意識高いと思ったよ。
『アタシ、こんな学校にいたんだ。。』なんて、いまさら親に感謝だよ。
こんな学校に行かせて貰ったのに、アタシ、意識低くてごめんなさいって思ったよ。


学生時代にお世話になった助手の先生が教授になっていて、その先生の研究室メンバーの打ち上げに参加させてもらった。

年代が全くかぶってない、今回初対面の後輩が、助教という役職に就いていた。

2005年に、アタシの職場に、この研究室から実務訓練の学生さんが来た事があった。
その実務訓練生に、アタシが実験を教えたんだ。
その時期、アタシは一人で勝手に『誉め殺し強化月間』を開催していて、実験のやり方を教えながら、その学生さんを褒めて褒めて褒めまくっていた。
実務訓練期間が終わって、学校に戻った頃の彼は、めちゃくちゃ天狗になっていた、と、この助教の先生に聞いた。
それ、アタシのせいだわ〜。
ごめんなさい(笑)。
彼は今どうしてるかねぇ?

助教のその先生は、アタシよりずっと若いのに、アタシが知ってる代の卒業生達を結構知っていた。
みんな、いまだにちょいちょい研究室と繋がっているんだね〜。

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
束の間の日常
昨日の午前中にタイから帰国し、お風呂入ったり、洗濯したり、食材を買いに行ったら、アタシ電池切れ。
夕方の3時くらいから寝てしまった。
んで、今朝から普通に出勤。
沢山寝たから、全然疲れてないよ。
んで、また週末は新潟。
旅の連続。
楽しい〜!

なんか、旅に出ると色々と気を付けるせいか、すこぶる体調が良い。
特に、胃腸の調子が良い。
普段食べてる物が悪いのかな??

アタシ、旅する人生をやりたいんだよね。
なんでそんな事がしたいのかと聞かれても、上手く答えられないけど。。
たぶん、ヴァータだからかな。

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
タイ番外編(覚え書き)
またタイに行く機会があるかも知れないから書いておく。

・猫がたくさんいる。
・『カオマンガイ』が美味い。
・『チャーノン』が美味い。
・蚊に刺されるとデング熱になる。
・ありがとうは、『コップンカー』ではなくて、『コプトゥンカー』。
・お水のことは、『ナンパオ』でも通じるけど、正確には『ナンプラオ』。
・タクシーの運転手は、銃を携帯してる。
・車のドアを強く閉めたら(大きな音を立てて閉めたら)怒られる。
・屋台以外なら、氷が入った飲み物も大丈夫。
・『コーヒー』は卑猥な意味。
・『ピー』はオバケのこと。
・違法薬物は、外国人に対して厳しい。
・路上ライブを狙って取締る警察がいる。
・道路がめちゃくちゃ混む。
・タクシーに『そっち方面は混んでるから行きたくない』と断られる事がある。
・タクシーは料金を聞いてから乗る。
・タクシーの料金を交渉することが出来る。
・トイレをした後はホースでお尻を流す。
・トイレにトイレットペーパーを流してはいけない。
・THE BOOMの『島唄』は盛り上がる。

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
帰国しました
ずーーーーっと想っていた海外でライブやるという夢が、今回スルッと叶って、タイはバンコクで歌ってきた。
本当は、バンドで行きたかったけど、バンドだと結構キビシイということがわかった。
ずっとネコエクでワールドツアーに行きたいなんて思っていたけど、解散しちゃったからソロで行ったわけだけど、むしろ、ソロだったから誘ってもらえたんだな。

タイは日本と違って、ライブハウスがあんまり無いから、簡単にライブが出来ない。
飲食店とかに交渉してスペースを借りて、自前の機材を持ち込んでライブをやるのがほとんどらしいんだよね。
バンドで演るとなると、ドラムセットを置けるスペースがある広いお店で、ドラムセットも自前で、ってなるとやっぱりちょっとハードルが高い。

今回一緒に回ったエネちゃんも、本当はバンドらしいんだけど、オケを作ってソロで歌ってた。
そのエネちゃんのオケの完成度がめちゃくちゃ高くて、素晴らしかったんだよ。
こんなオケが作れたら良いな〜。


初日に演ったTHE BOOMの『島唄』が、思いのほか盛り上がって、嬉しい反面、他人の曲で盛り上がることが、アタシ的にはなんとなく微妙で、2日目はあえて『島唄』は演らなかった。
…ら、タイに住むアメリカとタイのハーフの女性が、26年前に日本に留学していた時によく聴いていたTHE BOOMの『島唄』が聴きたかったと言っていた。
演れば良かった。。(笑)

欲を言えば、オリジナル曲で盛り上げたいけど、三線一本だと、まだちょっと。。
アレンジ力が乏しいので、なかなかね〜。
オケがあれば良いかも、とは思っていたけど、作るガッツが無かった。
今回のエネちゃんのオケを聴いて、あれだけのクオリティで作れたらめちゃくちゃ良いな。
オケを作る勉強しようかな。


以前から、海外に三線を持って行くことに色々と問題があるという話を聞いていた。
本皮の三線はワシントン条約に引っかかるから、人工皮にした方が良いとか、紫壇(ローズウッド)の棹もワシントン条約に引っかかるとか、楽器は機内持ち込みにしないと破損の可能性が高いけど、航空会社によっては機内に持ち込めない場合もあるから気を付けろとか。

でも、ワシントン条約云々は、まるで問題なかった。
ドイツに行った時も、今回のタイも、空港で三線のケースを開けて中をチェックされることは一度も無かった。
機内持ち込みは、先週のドイツの時は、大きさ的に問題なかったから、全く普通に機内に持ち込めた。
でも今回のタイの時は、ちょっと揉めた。
航空会社の規定の大きさ的にアウトだった。
でも、中身が楽器だと言うと、係員も察してくれて、とりあえず、機内の物入れに入るかどうか試してみて、入ればオッケーとのことだった。
果たして。
機内の物入れに入った。
良かった。
もし入らなければ、スーツケースと一緒に預けるか、もう1座席分の航空券を買って、座席に置くように言われた。
よく、日本の航空会社に楽器を預ける場合、楽器用のケースに入れてくれるじゃない?
海外の格安航空会社には、そんな楽器用のケースは用意が無いんだって。
物入れに入って、本当に良かった。
三線は小さいから物入れに入ったけど、ギターやベースはキビシイかも。
楽器持って海外行くなら、あんまり格安航空会社は避けた方が良いな。
今回、ほんと格安航空会社過ぎて、機内食も出ないし、座席で映画も観れないし、音楽も聴けないし、スマホの充電も出来ないし、その上、荷物を預ける時に別料金が往復で合計2万円近くかかった。
これなら、もう少し高い航空会社でも良かったな〜という感じ。
次回からは気を付けよう。

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
タイ3日目
昨夜、ライブが終わり、宿へ。
雨が土砂降りだし、ちょっと疲れたので、コンビニでカップラーメンを買って、宿で食べました。


日清カップヌードル、タイバージョン!!
めちゃくちゃ辛かった(笑)。


明けて、今日。
タイ3日目、最終日。
昨夜の雨が嘘のような晴天真夏日っ!

荷造りをして、チェックアウトして、みんなと合流するまで、カフェを併設しているゲストハウスのロビーでタイのミルクティ『チャーノン』を飲んでいた。



すると、宿のお兄さんがアタシの三線のケースは何が入ってるのかと聞いてきたので、見せてあげて、ちょっと弾いた。



すると、カフェに食事に来ていた日本人の女性が話しかけてきた。
3歳くらいの小さな女の子を連れたその女性は、タイ在住なんだとか。
子供がテレビ(ネットの番組?)でやってる沖縄の歌の番組が大好きで、何曲か歌えるんだって!
凄いね(^-^)
そんな話をしていると、エネちゃん達が来た。

みんなで、宿の周りのディープな市場を散策し、その後、ランチ。


ディープなスポットのごはん屋さん。


これは、『カオマンガイ』。
鶏肉の出汁で炊いたごはんの上に、鶏肉が乗っていて、独特な甘辛いソースをかけて食べる、みんなのお気に入りのタイ料理。
初日のライブ前にも屋台で食べたので、タイ上陸後、アタシが初めて食べたタイ料理は、これ。
手軽で美味しい。
しかも50バーツ(約200円)と、お安い!

その後、コーヒーが飲みたくて、コーヒー屋を探すも、なかなか見当たらない。
スタバはあるけど、ちょっと高い。
屋台の並ぶ通りの小さな店で、コーヒーミルクティなるものを購入。


コーヒーなのか、ミルクティなのか。。


しかも、タピオカが入ってる(笑)。
アタシの欲するコーヒーとはかなり違うものではあったけど、美味しかった。

実は、今日、アオイさんという日本人シンガーがタイのレストランでソロライブをやると言うので、前座をやらせて頂こうと打診していたんだ。
でも、タイのレストランは、夜の9時からライブが始まるとのこと。
今夜帰るアタシは、飛行機の時間が間に合わなそうなので、断念。
でも夕方、中西さんに連れて行ってもらい、アオイさんのリハにお邪魔して、ご挨拶させてもらった。
アオイさんは、スーッと伸びる綺麗な声をしていた。
アオイさんのお母さまがネパールに住んでいて、アオイさんは毎年、お母さまの企画の、ネパールやミャンマーでのイベントに出演されているんだとか。
そのお母さまも、今回一緒にタイに来ていらして、ご挨拶すると、来年のミャンマーで開催されるイベント出演のお話を頂いた。
嬉しい!
なんというラッキー!!
まだ日程は決まってないので、なんとも言えないけど、行きたいなぁ(^-^)


そのあと、エネちゃんやシンゴ君が待つウッドボール(初日にライブをさせてもらったお店)に行って挨拶し、アタシは帰路に。
中西さんは、アタシと入れ替えに今日から合流するエレちゃんというシンガーを迎えに、一緒にドンムアン空港へ行った。

2泊4日のタイツアー、あっという間だった。
でもとても実りの多い充実した3日間だった。

今回、お世話になった、中西さん。


そして、エネちゃん。


ヤマダ君。


シンゴ君とは一緒に写真撮りそびれた〜(>_<)


皆様、お世話になりました〜(^-^)

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
タイ2日目のライブ
夕方、今夜のライブ会場『はかた珈琲』へ。





今日は、この上品な珈琲屋さんでのオープンマイク。
オープンマイクのゲストとして、アタシとエネちゃんが呼ばれた形です。
『音楽で友達を作ろう』という趣旨のイベント。
それって凄くイイと思う。

昨日同様、自分達の機材を持ち込んで、セッティング。


中西さん、セッティング中。
横浜セブンスアベニューで働く中西さんには、ライブの時に何度もお世話になってるので心強い。


そして、始まりました!
トップバッターは、シンゴ君とヤマダ君のバンド、『流木の民』。



前の晩は、ボーカルのシンゴ君が忍者さんと2人で歌ってたけど、こっちが本命のバンドみたい。
シンゴ君の歌にはチカラがあった。
そして、今日一日、案内してくれたヤマダ君は、とてもフンワリした雰囲気だったけど、ベーシストだったんだね〜。
しかも、かなりの凄腕。

その後、オープンマイクが始まり、

ダイチャンが歌い


他にも色々な人が歌い、

アタシが歌い、


エネちゃんが歌い、


更にセッションが続きました。

タイ人の方々とも友達になれたし、次に来た時は沖縄料理の店を紹介すると言ってくれた方もいて、実りの多い夜になりました。

| 猫丸 | - | comments(4) | - | - | - |
タイ2日目
初日の宿『ロングラックゲストハウス』には中庭がある。
荷造りをして、チェックアウトするまでの間、中庭で三線を弾いた。
暖かい風がとても気持ち良かった。



宿のお兄さんが、『チャーノン』と呼ばれるタイのミルクティを買ってきてくれた。


これ、めちゃくちゃ美味しい!!

この方が、宿のお兄さん。

ちょっと、チャラい(笑)。

みんなで記念写真。


お世話になりました〜(^-^)
また来るねー!

そして、我ら(中西さん、エネちゃん、アタシ)は、いったん、2日目のイベントの主催者、シンゴ君とヤマダ君のシェアハウスへ。
シンゴ君と中西さんは、エネちゃんの食レポ撮影に同行。
その間にアタシはヤマダ君に案内されて今晩泊まる宿にチェックイン。

彼がヤマダ君。


猫がいるゲストハウス『Cazz』。







清潔感のある、雰囲気の良いゲストハウスだった。

その後、夕方のライブまで、ヤマダ君が周辺を案内してくれた。

宿の近くにある市場。





ここは地元の人しか来ない、ディープなスポットなんだって。

ランチは、宿の隣のタイ料理。
ヤマダ君が色々選んでくれて、あんまり辛くしないようにオーダーしてくれた。


春巻&ソース。


パパイヤの皮のサラダ。


豚肉を焼いたもの&ソース。


鶏肉の入った雑炊。

どれもこれも美味しかった!


| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
PROFILE
ENTRY
ARCHIVES
COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS