<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
島唄
モンチカ先生の個人レッスンだった。

今日は、舌の力を抜いて歌う練習を志願して、歌う曲は、THE BOOMの『島唄』にした。

この歌、大好きなんだけど、どうも上手く歌えない。
だから、舌の力を抜く練習をしながら、この歌が上手く歌えるようにしようという、一石二鳥狙い(笑)。

昔、口を大きく開けて歌うようにと習ったけど、アタシはちょっと顎関節症気味だから、あんまり口を大きく開けると、舌の付け根に力が入るみたい。
だから、開ける口の大きさを決めるところから始まった。
鏡を見ながら、口が閉じすぎず開きすぎないように注意しながら歌った。

THE BOOMの『島唄』は、戦争の歌。
サトウキビ畑で歌い遊んだ友達は、戦争で死んで、永遠にさようならだと歌ってる。

沖縄は地上戦で、多くの民間人が巻き添えになった。
アタシも、今こうしてモンチカ先生と歌っているけど、戦争になったら、そういう事になるわけでしょ?
急に悲しくなった。

モンチカ先生が、テレビで見たという沖縄のお爺さんの話をしてくれた。

そのお爺さんが語った、ご自身の体験談。
沖縄戦が激しさを増す中。
逃げるのに足手まといな怪我人は、その家族が殺すようにとのこと。
当時まだ子供だったそのお爺さんに、日本兵はピストルを渡し、怪我をしたお母さんを撃つように言った。
少年は自分の母親を撃ち殺した。

そんな話を聞いて、アタシはわんわん泣いた。
自分がその立場だったら、どんなに悲しいだろうか。
子供は誰だってお母さんが大好きじゃない?
そのお母さんを、殺さなくちゃならないとなったら?

急に、戦争の悲劇が自分の事のように思えた。
大好きな家族や友達がみんな死んで、残された自分は、何を思うだろう。
もう二度と、こんな悲劇を起こさないでくれって思うよ。

島唄よ風に乗り
鳥と共に海を渡れ
島唄よ風に乗り
届けておくれ私の涙

この歌詞は、死んだ友達に言ってるんだと思っていたけど、そうじゃないって思った。
戦争が起きても良いと思ってる世界中の全ての人に言ってるんだと思った。
もう、お願いだから、絶対にそんな事やめてくれと。

島唄。
大好きな歌だったけど、こんなに感情移入したのは、初めてだった。
泣いて全く歌えなくなる。
それでも良いとモンチカ先生は言う。
この感情が刷り込まれたら、あとは自然にその感情が出るから、他の事(息をもっと吸うとか、ここは裏声、ここは地声、といった技術的なこと)を考えながら歌っても大丈夫、と言う。
もし仮に、感極まって歌が変になっても、それはそれで良い。
歌は技術力より、『想い』の方が大事だと、モンチカ先生は言うのです。
その言葉に、また感動。

本当に、毎回、素晴らしいレッスンをありがとうございます。

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |

Comment

よっし〜 | 2019/12/03 9:30 AM |
猫さんのレッスンの時の感じがなんとなく
目に浮かびました。
猫丸 | 2019/12/04 6:57 PM |
>よっしーさま

たぶん、その想像通りだと思います(笑)









PROFILE
ENTRY
ARCHIVES
COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS