<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
特定化学物質講習
昨日と今日で、とある資格の講習&試験を受けた。

タイトなタイムスケジュールとタイトな座席で、息が詰まりそうだった。
普通の教室くらいの部屋に100人くらい詰め込んで、横も前後もギッチリの2日間。
エコノミー症候群になりそうだった。

分厚いテキストの内容を駆け足で説明する先生の言葉を追うのは、かなり集中力を要したけど、内容は面白かった。

アタシの仕事で頻繁に使ってる薬品が、結構アブナイという事を再確認。
アタシの職場、危機管理にはうるさくて、薬品の管理・取扱が、めちゃくちゃ面倒臭いことになっていて、正直、本来の仕事よりそっちにばっかり時間と労力を取られてる感もあるけど、労働者の健康を守る意味では正しいんだな。

今回、2日間の講習で、3人の先生の講義を受けた。
3人ともかなりの爺ちゃんだったけど、この道に精通して百戦錬磨な方々は、話が面白い。

そのうちの一人、元々、救命救急のお医者さんだったという先生の話は特に面白かった。


ある化学物質の『基準値』の説明。
環境中に垂れ流された化学物質が、身体に入って病気になることがあるわけだけど。
環境中で検出されていい量っていうのが、それぞれの化学物質によって決まってる。
癌になるような化学物質は、物凄く厳しくその基準値が設定されているから、『癌になるかも知れない〜』って量の10万分の1とか100万分の1とかで基準値が設定されてたりするんだとか。 だから、『基準値の2倍、検出された』とかいう報道は、そこまで怯えることではないんだとか。

福島のほうれん草に放射性物質が検出された、ってことあったじゃない?
あの時、最も高濃度で放射性物質が検出されたほうれん草を、どのくらい食べれば甲状腺癌になるのか、先生は計算してみたらしい。
すると、一人で一食15トンのほうれん草を食べないと、甲状腺癌にならない、という計算結果になったんだって〜。
15トン、食えね〜!

風評被害にあって自殺にまで追い込まれた農家の方々は、本当に気の毒。
放射性物質は怖いし、子供のいる人が神経質になるのは分かるけど。。
必要以上に人々を煽り、恐怖心を植え付ける報道もいけないけど、惑わされた私達にも責任があるよね。
ちゃんと知れば、そこまで怖くない、って場合もあるから、専門家にちゃんと話しを聞ける機会って、凄く貴いチャンスだと思った。

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |

Comment

よっし〜 | 2018/04/30 10:18 PM |
講習&試験 お疲れ様でした。

やはり百戦錬磨の方々のお話は

面白く そして為になりますね。
猫丸 | 2018/05/01 10:51 PM |
>よっし〜さま!

そうなんです。
他にも面白い話が色々ありました(^-^)









PROFILE
ENTRY
ARCHIVES
COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS