<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
旅立ち
友達が、遠い所に旅立って行った。
つても、死んだわけじゃないよ(笑)。
もう、そう簡単には逢えないくらい、遠い場所に引越して行ったんだ。

アタシは最近、全然、彼女に逢う機会を作れずにいた。
なんか、子供がピーチクパーチク3人もいる彼女の自宅に遊びに行こう、って思える心の余裕が無かった。

会わない間に彼女の周りの状況が変わっていってて、アタシはそんな事を知る由も無く、ある日突然、別の友達経由でその話を聞いた時、吐き気がする程、嫌な気分だった。
その事を考えると、なんか苦しくなるから、考えたくなかったし、会いたくなかった。

でも、今日が引越しの日。
今日会いに行かなかったら、小さなシコリを残したまま、疎遠になってしまうような気がした。
別に、アタシが一人で勝手に悶々としてるだけで、その事を彼女は知らないわけだけど。

昨日の夜遅く、「やっぱり最後に会いに行こう」って思い付いて、今朝、仕事を半休して会いに行った。

久しぶりに会った彼女は、全然変わってなかった。
いつも通りの彼女だった。
人生の一大事に決着付けた後の疲労感も、見た目には分からなかった。
でも、「ここまで来るのに、すごーい大変だったんだよ」と、あんまり自分の苦労話をしない彼女が、珍しくそんな事を話した。

引越し屋が荷物を運び出した後の、ゴミや自分で運ぶ細々した荷物がごった返す部屋で、少しだけ話して、ハグをした。
アタシは、離婚という選択肢を選んだ彼女にイラっとしてたのではなくて、そうなる前に話してくれなかった事と、日々の疲弊感を理由に、彼女とゆっくり会う時間を作らなかった自分にイラっとしてたんだと気が付いた。

小さい子供3人抱えて、手に職もないうえに、家族も友達も親戚もいない場所に引っ越すなんて、どうすんだよ!!って思ってたけど、なんか、子供達がいるから逆に、頑張るエネルギーが出るんだろうな〜って思ったし、子供達と一緒に自然に囲まれた気持ちの良い場所で生活するのは、きっと楽しいだろうな。
清々しい顔した彼女を見たら、全然心配じゃなくなったよ。
会いに行って、良かった。
良い人生を!




| 猫丸 | - | comments(0) | - | - | - |

Comment










PROFILE
ENTRY
ARCHIVES
COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS