<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
再会
今日は、学生の頃の友達2人と、久しぶりに再会した。
懐かしいけど、全然変わってなくて、つい最近まで会ってたような、不思議な感覚だった。
いつも3人で、授業受けたり、学食行ったり。
本当に良い日々を過ごしたなぁ。。
そんな良いキャンパスライフが送れたこと、親に感謝だよ。
ありがとう。


彼女らとは、お昼に品川で待ち合わせて、薬膳料理のお店でランチ。
デトックスコースのお料理をオーダー。
食べながら、じわじわと発汗。
辛いわけではないのに、なんで?
溜め込んだ毒素が抜けたのかしら(笑)?
実は、今週ずっと風邪気味で、喉が痛くて鼻がグズグズしてたんだけど、食べ終わる頃には喉も鼻もスッキリ!
薬膳料理、凄いかも!

薬膳料理をたらふく食べて、その後、喫茶店でお茶しながら更に夕方までお喋りが続いた。
なんか、とっても楽しかった。

| 猫丸 | - | comments(0) | - | - | - |
エール


今日は、横浜は吉野町のこびとさんで歌いました。
見てくださった皆様、ありがとうございました!

バンドは解散しちゃったし、これからしばらくはソロでやっていこうと思います。
そんな状況の一発目のソロライブだったことを、お客さんに頂いた差し入れで初めて実感しました。
『再出発にエールを送ります』という意味合いを込めたビール。
ありがとうございました!

| 猫丸 | - | comments(0) | - | - | - |
本日、こびとさん
本日、こびとさんで歌います!

■2018年6月22日(金)@横浜 こびとさん
Open 19:00 Start 19:15
Charge ¥2,000 (1Drink付き)
【出演】
猫丸センチメンタルチャンネル
JerryfishMoon
小野原勇人&TULSA TIME
かねだいちろう
伊藤純平
※ソロで出演、猫丸は2番目で19:45頃出演予定。
【お問い合わせ】
ライヴバー こびとさん
横浜市南区吉野町3-16 アニメイト吉野町第2ビル2F
TEL 045-326-6776
URL : http://www.maroon.dti.ne.jp/okeydokey/

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
ライブ予定
ソロのライブスケジュールぷー!

6/22(金)@横浜 こびとさん
7/15(日)@平塚 エルワーズ
7/28(土)@茅ヶ崎 ヘッドランド(野外)
8/29(水)@横浜 音小屋
9/23(日)@平塚 アコフェス(野外)

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
熱量
こないだの土曜日、バンドのミーティングをした。
ワンマンライブという、大きな一山を越えて、今後の活動をどうするか、ちょっと話をしよう、と。

その結果、解散、となった。
そうなるかも知れないな〜とは、予想していたんだ。

そもそも、5人編成から3人になって、変な編成になって、今までのアレンジが困難になって、1曲1曲を練るのが、めちゃくちゃ大変だった。
普通のバンド編成って、どれだけ楽か。
ベースを入れれば済む話で、実際、『ベース弾こうか?』って言ってくれた人もいたのに、『3人でやろう』って決めて、あ・え・て、茨の道を選んで来たわけだ。
それも、面白かったけどね。

でも、5人の頃の楽しげな雰囲気はなく、常にどんよりした雰囲気ではあった。
前のめりなポジティブ女子(通称、ポジティブズ)が辞めて、ネガティヴ男子(通称、ネガティブズ)が残った3人編成の『猫丸エクスプロージョン』。
3人になった時、バンド名を『猫丸&ネガティブズ』にしようかとも思ったよ(笑)。

どんよりしながら1年ちょっと活動してきて、『このままどんよりして続けるのは、ダメだ!やるならやる!やらないなら辞める!どっちかにしよう!』って思って、ボイストレーナーのモンチカ先生に相談したら、『3人で何か大きな事を成し遂げたら、変わるのでは?今すぐ辞めるのは簡単だし、大きな事をやろうって提案して、メンバーが嫌だというならそれまでだし、やってみようとなれば変われる可能性がある。それをやり終えて、やっぱり解散ってなったとしても、何もしないで今辞めるのとは意味が全く違う』と。
確かに。
アタシは妙に納得した。
けど、大きな事って、何をやろう。。
モンチカ先生は、『ワンマンライブをやれ』と言う。
こ…怖いっ!!
アタシは最初、そう思った。
でも、それくらいの事やらないと、きっと達成感は得られない。
きっと、メンバーはイヤって言うだろうなぁと思いつつ、メンバーに提案してみた。
すると意外にもメンバーは、『モンチカ先生の言ってるの、分かる。やるか!』となった。

そこから、アタシ達は、ワンマンライブに焦点を当てた生活が始まった。
ワンマンライブの当日だけが重要なのではなく、ワンマンライブ当日までの準備期間にどれだけワンマンライブの為に努力したのかが重要。
仕事や家事など、普通に人として生活する色んな事に時間を取られるけど、そんなの誰だって同じで、その中で、自分がどれだけ努力出来たかどうか、このワンマンライブにどれだけ真摯に向き合えたかどうか、そういうことが大事なんだと、モンチカ先生が教えてくれた。

子供の頃、全然勉強したことなかったのに、中学入っていきなり勉強しなくちゃいけなくなった時、自分が『勉強の仕方を知らない』って事に気がついた時があった。
あの時と同じような感覚で、今回のワンマンライブの事で、アタシは『ワンマンライブ成功のための、努力の仕方を知らない』って事に気がついた。
バンドの練習をすることと、知り合いにメールでライブのお知らせする事以外、知らなかった。
そんなの、普段のライブと同じじゃんね(笑)。
そうじゃない。
義理で来てくれる友達を呼んで、ジャイアンリサイタルしたいのでは無い。
『見てみたい!』と思ってくれる人に来てもらいたい。
そして、観てくれた方々に、ちゃんと楽しんでもらいたい。
あわよくば、観てくれた方に『自分も何かやってみようか』という力になるようなライブを観せたい。
そう思った。
そのためには、自分の熱量を上げていかないといけない。
その熱量の上げ方が、分からなかった。
それを、モンチカ先生は、教えてくれた。
毎日これをやれ、毎週あれをやれ、と。

中学の時、勉強の仕方が分からなかったアタシは、父に『とりあえずノートと教科書を読め』と言われて、『読むだけで勉強になるの〜?』って半信半疑だったけど、でもそんなこと、今思えば当たり前の事だよね(笑)。
勉強の仕方を知らなかったアタシは、そんな当たり前のことも理解出来ない無知だった。
でも、自分で経験して、ちゃんと実感するまでは、理解出来ないことはある。
それと同じで、モンチカ先生の言った、『毎週ストリートライブをやれ』というのも、最初はちょっと半信半疑だった。
バンドのライブなのに、ソロでストリートやっても、意味あるのかなぁ?と思ったけど、ソロでストリートをやって、色んな人に知ってもらえて、興味を持ってもらえて、実際ワンマンライブに足を運んでくれた人が何人もいた。
ストリートライブが、思ってた以上に有効な手段だってことを、今回初めて分かったよ。
モンチカ先生がやれと言ったことは、ナマケモノのアタシには正直大変だったけど、その結果、随分遠くまで波紋が届いたという実感。

人は何に惹かれるのか、って話を、友達とすることがある。
ある人は、『生きざま』だと言い、ある人は『熱量(エネルギー)』だと言っていた。
要するに、アタシも含めて、人が『見たい』と思うのは、そういうものなんだよね。
演奏が上手いに越したことは無いけど、上手いことより、大事なのは、熱量なんだ。
熱量、すなわちそれは推進力。
前のめりで生きようと思える力だと思う。
今回、ワンマンライブをやって、ちゃんとメンバー個々の熱量が上がった上での解散。
テンション下がったままの自然消滅ではない。
メンバーそれぞれ、進むべき方向が見えた故の解散。
アタシはアタシでこれからも色んな面白いことやっていこうと思います(^-^)

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
歌うたいの使命
Facebookで、とある知り合いの歌うたいが重い病気の末期だと知った。

医者が言うには『身体的には、もう限界』。
なのに、本人の生命力が強いのか、まだこの世で果たせていない使命があるのか、少しずつ回復してきているらしい。
奇跡だ。
いや、奥様の話によれば、何年も前から入退院を繰り返し、もう何回も、奇跡を起こしてきた、とのこと。
その度に、良い歌が生まれ、色んな人に希望を送っているという。
それが彼の使命なのかもしれない。

その方が病の床に伏していることを全く知らずに、先日のワンマンライブのお知らせを、アタシは送ってしまっていた。
返信は、『行く』とも『行けない』ともなく、ただ、スタンプだけだった。

今朝、Facebookで偶然、その方が病気だというのを知り、奥様にメッセージを送ったんだ。
すると、『病室で、猫丸ちゃん、頑張ってるね、って話をしましたよ』と、教えてくれた。
涙が出た。

自分がそれどころではない状況なのに、『猫丸ちゃん、頑張ってるね』って言ってくれたこと。
ライブに行けないけど理由を言いたくないからスタンプで返すしか無かったこと。。


どうか、奇跡が起こりますように。
まだまだ、これからたくさんの人の希望の光になりますように。
本当に、神さま、お願いします。

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
ストリート
ストリートライブやりました。
見て下さった皆様、ありがとうございます!
今日は、モンチカ先生とのツーマン、『モンネコストリート』でした。
ワンマンライブのプロモーションとしてやってた先週までは、アタシ一人だったのですが、ツーマンだと、楽しい〜!
自分の演奏の後、アタシはお客に徹し、差し入れに頂いたビール飲んで良い気分でした。
夏の夜に、外で音楽を聴くって、良いね〜!

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
ワンマンライブの御礼
改めまして、ロックなサタデーナイトに、猫丸エクスプロージョンワンマンライブ御来場の皆様、ありがとうございました!

この日は、絶対に良いライブにしようと思ってました。
ロックバンドがアチコチでイベントを企てる、ロック(6/9)のサタデーナイト。
そんな夜に、快くハコを貸してくださった音小屋さんの恩を、仇で返すようなことがあってはいけない、音小屋さんの売上が赤字になるような企画ではいけない、と、そう思って動員を増やす努力もしました。
その甲斐あって、なんとっ!
60名にものぼる方々が足を運んで下さいました!!
本当に、ありがとうございました!!
ちょっと息苦しいほどの状況で、2時間近くのライブを観て頂いて、申し訳ない気持ちもありつつ、でも、本当に、もう、感謝しかないです。
本当に、本当に、ありがとうございました!!
m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m


今回のワンマンライブの第2部のステージでピアノを弾いてくださったのは、MeLON SWiNG氏。
この方のピアノ、アタシは本当に好きなんです。
今回、メロンさんとのコラボを皆さんにお届け出来たことも、アタシ的には嬉しかったです(^-^)

そして、元猫丸エクスプロージョンズ ファンキーソウルギターのひろポップと、久しぶりに音を出せました。
4年間連れ添ったひろポップ。
2016年の、彼女の意を決した脱退。
あの時は、もう二度と交わることのないレールの上を走って行くのだと、泣いて泣いて、泣いて別れたわけですが。
今回、1曲だけでしたが、こうしてまた音を重ねられたことを、本番のステージ上で突然実感して、アタシは一人で勝手に感極まっていました。
ひろポップと一緒に演奏した曲は、全く意図したわけではないのですが、『Departure』という旅立ちの歌。
その歌詞の内容を、昨日のアタシは、2016年のあの時のひろポップに向けて、歌っていました。

そして、今回の猫丸エクスプロージョンワンマンライブを企てた影の立役者、Monchika。
言わずと知れた湘南在住の実力派シンガーソングライターであり、アタシのボイストレーナー。
2つ前のブログにも書きましたが、この人に出逢ってから、アタシの音楽人生、色んな事が変わりました。
そんなモンチカ先生、アタシの『砂の惑星』という曲を以前、ご自身のライブでカバーしてくださって、それがまぁ、めちゃくちゃ良かったわけですよ。
モンチカ先生がライブで歌ってくれてから、アタシの『砂の惑星』の配信が急にダウンロードされ始めて、お陰様で少しお金になりました(笑)。
そんなわけで、モンチカ先生に再び『砂の惑星』を歌って頂きました。
改めて、良い歌だなぁと、思いましたね(笑)。


今回のワンマンライブは、メロンさん、ひろポップ、モンチカ先生、音小屋さんをはじめ、本当に沢山の方々にパワーを頂きました。
ワンマンライブのプロモーションのためにやっていたアタシのストリートライブですが、それを毎回、手伝ってくださる方がいたことや、たまたま通りかかった方が、それ以降毎回足を運んでくださったりとか、Facebookのカウントダウン記事を読んでアタシの歌詞に興味を持った方が、音源を全部買ってくださったりとか、、本当に、びっくりするような事が色々ありました。
何もしなければ、こんなアメイジングは、起きなかったわけですよね。
自分の想像の範疇を超えた経験をしました。
さらに、ライブ当日。
アタシが把握していたお客さんの人数をはるかに上回る人数のお客さんが足を運んでくださっていて、これまたびっくり!!
本当に、本当に、皆さま、本当に、ありがとうございました!

| 猫丸 | - | comments(5) | - | - | - |
試験と断髪
ワンマンライブの余韻と疲れが残る中、資格の試験を受けに行った。
試験時間は、たったの35分。
午後1時半からの試験なので、2時過ぎには終わってしまう。
偶然にも、今日の試験の会場は、アタシが以前住んでいた町、白楽。

試験が終わってから夜まで時間があるから、白楽に住んでた時の行きつけの美容院に行った。
そう、ワンマンライブを最後に、長い髪を切る!と公言していたので、本日、バッサリいきました!




切った髪は、公約どおり、ヘアドネーションします!

| 猫丸 | - | comments(4) | - | - | - |
ワンマンライブまでの道のり
人生初のワンマンライブやりました!
応援してくださった皆様、ありがとうございますっ!!

猫丸エクスプロージョンとしての初ワンマンライブだっただけでなく、アタシ個人的にも、初。
25年以上のバンド人生で、初のワンマンライブでした。

一般的な社会人にしてみれば、「いい年こいて、バンドでワンマンライブなんて、この人達は一体、何を目指してるの?」って思うかも知れないけど(笑)、生きてる間、魂の欲する事を無我夢中でやるのです。
気付けば、だんだん小さくなる自分の中の活力。
それを取り戻すためにも、今のアタシに必要なことだったのかも知れないと、最近、気が付きました。

そもそも、ワンマンライブをアタシ達に提案したのは、モンチカ先生。
半年以上前の事です。
モンチカが言うには、ワンマンライブで演奏することが大事なのではなく、ワンマンライブに向かう道のりが大事なんだと、そう言っていて、その言葉は理解していたのですが、実際にやってきた今、実感として分かりました。
アタシ、たぶん、モンチカ先生のアドバイスは、全部やったと思う。
横隔膜を下げるトレーニングを毎日やる、ストリートライブを毎週やる、カウントダウン記事を毎日アップする、などなど。
その他にも、仕事の帰りは、よっぽど急いで帰らないといけない日以外は、職場から駅まで、20分の距離を歩いて『支え』のトレーニングをする、電車で立ってる時も『支え』のトレーニングをする、自転車乗ってる時は『リズム読み』と『歌語』の練習する、とかも自分で決めてやった。
ワンマンライブ2週間前からは、毎朝、三線の朝練をした。

仕事したり、家事をしたり、資格の勉強したり、みんな誰でもやらなきゃいけないことが山ほどあるけど、努力する人は、そんな日常の中で時間を作ってやっている。
アタシもやらなきゃ、と思ったんだ。
努力って、こうやってやるんだと、改めて思った。
もしかしてアタシ、今まで努力のやりかたすら、よく分かってなかったかも。。

本当に、モンチカ先生って人は、歌だけを教えてくれる、そんじょそこらの先生とは、ワケが違う。
衰えゆく活力の上げ方や、努力の仕方、生き様まで教えてくれてる、って思った。
さらに、人としての情や感謝も。
『お礼は出来るだけ早くしろ』というモンチカ先生の教えに従って、今日は、ストリートライブに毎回来て手伝ってくれた人に、お礼をしに行く予定です。

| 猫丸 | - | comments(3) | - | - | - |
PROFILE
ENTRY
ARCHIVES
COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS