<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
明日(5/20)、鎌倉Gru
明日、鎌倉Gruで歌います☆
ボイストレーナー、モンチカ先生の門下生(モンチカ一門)が集まるイベントです(^-^)


??5/20(土)@鎌倉 大地の恵みGru
青空シンガーズラボ主催 Live de 交流会

Open 18:30 Start 19:00
ご飲食代のみ(←ミュージックチャージ無しっ!!)

※アタシを含め、7人のシンガー達が歌います!
※野菜中心の定食が美味しい、健康的なお店なので、是非、お食事しながらお楽しみください(^-^)

【お問合せ】
場所 鎌倉 大地の恵みGru
http://www.gru-yaoya.com/

| 猫丸 | - | comments(0) | - | - | - |
野菜のスムージー
2日続けてスムージーを作って飲んだ。
ゴールデンウィーク前に買った牛乳を使ったんだけど、賞味期限はギリギリ切れてなかった。
やけに苦くて舌がビリビリするのは、入れた野菜のせいかと思った。
3日目に、牛乳だけを飲んだ。
やけに苦くて舌がビリビリした。
前日と前々日のスムージーと、同じ苦さだ。
明らかに、牛乳の味ではない。
牛乳パックを覗いてみた。
ヨーグルトみたいなつぶつぶが、牛乳パックの内側の壁に付いていて、生ゴミみたいな臭いがした。
この牛乳、腐ってたのか!!
昨日も一昨日も飲んだのに、お腹は全然大丈夫なのが、逆に意味不明。

初めて腐った牛乳を飲んだわー。
つーか、牛乳が腐ると酸っぱくなると思い込んでたけど、苦くなるのか。
そして、必ずしもお腹を壊すわけではないのか。
それもこれも、増殖した菌の種類によるのか。

| 猫丸 | - | comments(0) | - | - | - |
コスプレナイト


今宵はこびとさんのコスプレナイトでした。
ありがとうございました!!

今回のコスプレは、鳶さんやりました。
これ、なかなかいい(笑)。

それにしても、西日本ツアー帰還後の初ライブが、コスプレナイトとは(笑)。
次回のソロは、6/2に音小屋です。
この日は、ちゃんとしたカッコで歌います(笑)。



写真左から、学童疎開女生徒のカナシバリさん、鳶の猫丸、男子学生のいわかたさん(←本日、カナシバリさんのサポートギターとして)

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
ハワイアンランチ
妹がドイツから帰国して、しばらく日本にいると言う。
今日は、藤沢在住のお友達のお家で泊まりがけで遊ぶんだとか。
じゃあ、アタシも合流して一緒にランチしよう、ってなって、たまたま茅ヶ崎で開催されていた『アロハマーケット』というハワイアンのイベントに行って、露店で食べ物を買い、ビーチで食べた。

妹のその友達とは、10年以上前に会ったことがあるんだけど、あの頃と全然変わらず、雰囲気の良い方だった。


写真左が妹、右が妹の友達。

| 猫丸 | - | comments(0) | - | - | - |
ドラム録り
猫丸エクスプロージョン、今の3人編成の音源を作り始めました。
まずは、ドラム録り。
12時間で、6曲録れました。
今回は、ちゃんとしたレコーディングスタジオで録音して貰いました。
録れた音の良さに、ちょっと感動。

| 猫丸 | - | comments(0) | - | - | - |
日曜日、コスプレナイト☆
今度の日曜日(5/14)は、こびとさんのコスプレナイト☆
女性シンガーソングライターが、全員、コスプレして弾き語るというイベントです。
ある意味、魑魅魍魎的な(笑)イベントですが、面白いので、是非、遊びに来てください(^-^)

■2017年5月14日(日)@横浜こびとさん
「第11回微妙にコスプレ女性ボーカル・アコースティック・ナイト!」
Open 17:15 Start 17:30
Charge ¥2,000 (1Drink付き)
【出演】
1.カナシバリ
2.キキ
3.金鶏堂
4.フレイヤ
5.猫丸センチメンタルチャンネル
6.hana*moon
7.moca*
8.megu
※猫丸はソロで出演、ギター弾き語り、19:30頃出演予定
【お問い合わせ】
ライヴバー こびとさん
横浜市南区吉野町3-16 アニメイト吉野町第2ビル2F
こびとさん
TEL 045-326-6776
URL : http://www.maroon.dti.ne.jp/okeydokey/




| 猫丸 | - | comments(0) | - | - | - |
弓張の月
当たり前だけど、ツアー翌日から、日常が戻って来た。

あぁ。。日常だなぁ。。

安定的な日常。
それは幸せな事だと思うけど。
エキサイティングな旅の記憶が、なんだか夢を見ていたように感じる。


今回の旅で、何度となく聴いた、モンチカ先生の『弓張の月』という歌。
とても胸に響いた。


とめどもなく 時は流れて
みんな何処かへ 連れ去るでしょう
頼りなく そして緩やかに
明日はまた 巡ってくるのでしょう

| 猫丸 | - | comments(0) | - | - | - |
モンネコ旅 番外編3
もう一つ、不思議なことがありました。

長崎での、この旅最後の夜。
宿の食堂でモンチカ先生と2人打ち上げして、最後にコーヒーを飲んだせいか、全然寝つけませんでした。
コーヒー飲んで眠れないなんて、アタシはあんまりないんだけど。

この旅で、長崎以外は、ずっとモンチカ先生と相部屋だったのですが、長崎だけ、別々のシングルルーム。

布団に入って一人でずっと寝付けず、どうしたものかと思いながら、ただ目を閉じて横になっていると、ドアの方からなにやら気配が。
目を閉じたまま、その気配に感覚を研ぎ澄ましていると、なんだか、百鬼夜行みたいな感じで、沢山の気配がゾロゾロ入ってきて、アタシには見向きもせず、アタシの寝ている上をふわっと通り、壁の向こうに行ってしまいました。
アタシの上をゾロソロ通って言った気配は、全く怖い感じはしませんでした。
でも、彼らは、何処へ向かったんだ?と、考えて、はっ!としました。
彼らが消えて行った壁の向こうは、モンチカ先生の部屋だったんです。

モンチカ先生、大丈夫だろうか?

そんな事を考えたところで、意識が途切れ、気が付いたら朝でした。
今朝起きて、モンチカ先生と朝食しながら、「昨日は、眠れました?」と、何気無く聞いたら、
「それが、怖い夢を見て、そこから全然眠れなかったんですよ〜」と言う。
どんな夢だったのか聞くと、ストーカーみたいな人に猟奇的に追いかけられる夢だったんだとか。
更に、部屋の中に誰かの気配がして、ため息を聞いたと言う。
怖っ!!

アタシが昨夜感じた百鬼夜行は、モンチカ先生に助けて欲しがってる誰かの思いだったのかも知れない。

| 猫丸 | - | comments(0) | - | - | - |
モンネコ旅 番外編2
アタシは霊感とか強くないのですが、この旅で怖いことがありました。


広島の宿は、和室でした。
こんな部屋↓




ライブ前に、宿で準備をしてる時、気付かないうちに、アタシのBBクリームが、畳の上と鞄にこぼれてました。
チューブ入りのBBクリームだから、何かのはずみで噴出したのかな?
こぼれたBBクリームをウェットティッシュで拭き取って、ライブ会場に向かいました。

ライブが終わって、部屋に戻ると、畳の上にBBクリームが。
出かける前はバタバタしてたから、BBクリームが2カ所に飛んでたのに気付かなかったんだな、と、もう一度、ウェットティッシュで拭きました。
モンチカ先生も、それを見ていました。

ところが、数分後、ふと畳を見ると、同じところに全く同じ形でBBクリームがこぼれているのです。

ネコマル 「アタシ、これ、さっき拭きましたよね?」

モンチカ 「………」

二人 「やだー!怖いっ!怖いっ!」


もう一度、それをウェットティッシュで拭き取って、しばらくしてから見てみると…

また同じところに全く同じ形でBBクリームが!!!!


「ぎゃーーー!やだ!やだ!お客さんゼロより怖いっ!!!」

モンチカ先生のその叫びに、大爆笑(笑)!


広島は、大阪の方が紹介して下さったお店だったので、どんなお店なのかもわからず、音楽関係の知り合いもタイバンもいない、という状況でのライブだったので、ヘタしたら、お客さんゼロかも。。という怖さがあったわけですが、この部屋での出来事は、お客さんゼロより怖かったわけです。

お客さんゼロで死ぬことはないけど、オバケが出たら命の保証はない。
そんな話をしていたら、
「お客さんゼロでも死ぬことはないけど…でも、いっそのこと殺してくれ!って時はありますよね」という話になった。
集客出来なかったのに、お店の人が優しくしてくれたりすると、
「こんな自分に優しくしないでくれ!いっそのこと、殺してくれ!」と。
ちょー分かる〜!!
あるあるネタで笑いながら、恐怖を紛らわして、一晩寝ました。

オバケが夜中に出たのかどうかは、分かりませんが、出たとしても、アタシ達、爆睡過ぎて気付きませんでした。

| 猫丸 | - | comments(0) | - | - | - |
モンネコ旅 番外編1


今回のモンネコ旅で歌わせて頂いた、広島のLIVE Cafe' Jiveさんは、柳ジョージ&レイニーウッドのリーダーで鍵盤奏者である上綱克彦氏のお店だったのですが、アタシ達が演奏し終わった後、上綱さんがアタシ達に、「今日は遥々演奏しに来てくれてありがとう。アンサーソングとして、ワタシが少し演奏しましょう。」と言って、2曲、ピアノで弾き語ってくださいました。

上綱さんのピアノは、彼の人生を感じさせるような音でした。
どの様な人生を歩んでこられたかをアタシは存じ上げないのですが、ピアノの音が、本当に、人生を語ってる、と思えたんです。
沢山の理不尽、やり場のない怒り、手放し、受け入れ、波に濡れ、流され、照らされ、再び流され…なんだか、そういう波乱な人生を感じるピアノでした。

その後少し、上綱氏とお話させて頂いたのですが、お話の中で、「ステージに立った時に、自分が送り手側になれているか」という言葉を語られていました。
その言葉、胸に突き刺さりました。
アタシは広島に、この言葉に出逢う為に行ったんだと思いました。
本当に、広島は、アタシにとって貴重な夜になりました。
ありがとうございましたm(_ _)m

| 猫丸 | - | comments(0) | - | - | - |
PROFILE
ENTRY
ARCHIVES
COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS