<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
14年ぶりに
今日、学生時代の友達&先輩に会った。
その中に、アタシが学生の時に一番仲良かったコもいて、彼女の結婚式で会ったのが最後だから、かれこれ14年ぶりか?
でも、みんな、全然変わってなかった。
待ち合わせた藤沢駅で、すぐに昔に戻って、みんなでワイワイしながら江ノ島に行った。
江ノ島の参道を歩いたり、磯で遊んだり、食事をしたり。
天気も良くて、とても楽しかった。
でも、岩屋洞窟に降りる階段の手前で、
『降りたら登ってくるの、大変そう』ってなって、岩屋洞窟に降りる手前で引き返した(笑)。
見た目は全然変わってないけど、やっぱりみんなオバチャンになってたわー(笑)。




大学の4年間をずっと一緒に過ごした親友と。

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
可南 つちびと展


可南さんの作品展に行った。
粘土で作られた温かい表情の人形たち。
粘土の人形たちから、いのちの温もりを教えてもらう、そんな作品展だった。

優しい表情の人形たちに、アタシは、なんだかえらくこころ揺さぶられて、ギャラリーで号泣。
涙がボタボタ出るので、ちょっと恥ずかしくて、他の人に顔を見られないようにしていたら、スタッフの方が、『そういう方、たくさんいらっしゃるから、泣いちゃっていいんですよ』と言ってくれた。
やっぱ、みんな、泣いちゃうんだ。。

可南さんの作品は、とっても温かい状況を表現した作品ばかり。
親子の愛情だったり、人と動物だったり。
そして、どの作品にも、言葉が付いてる。


これは、ポストカードを買って写真に撮ったんだけど、この作品の言葉が、これ↓

それでも 大丈夫だよと
伝えたい
きりがないほど
何度も
何度も


アタシも、両親にたくさん愛されて育ったことを、思い出した。


可南さんのつちびと展は、5/23(水)までやってます。
御茶ノ水ソラシティB1F
入場無料 平日 11:00〜19:00
土日 10:30〜18:30
*最終日は、14:00まで。

| 猫丸 | - | comments(3) | - | - | - |
ワンマンライブまであと21日☆
〜猫丸エクスプロージョンの曲紹介〜
【深海魚】
深い深い海の底。
光も届かない闇の世界。
足跡や影は、自分の存在を確認できるものだけれど、真っ暗闇では、それすら確認出来ない。
いわんや、空に星がある事なんて、知る由も無い。
深海に棲む魚の歌かと思わせといて、実は、下請け会社の苦悩を歌った歌です。

| 猫丸 | - | comments(0) | - | - | - |
ストリートライブ
ストリートライブやりました。
見て下さった皆様、ありがとうございました!

ストリートライブに批判的な人もいると思うし、アタシ自身も『みんな、アタシの歌を聴いて〜!』って感じではないんだよね。
ただ、こういう機会を与えられた事は、とてもありがたい事なんだと思う。
『歌う人』として存在させてもらってることが。

毎週、見に来てくださる年配の方がいる。
杖をついて。
アタシの歌が、少しでもその方の気分転換になってるんだとしたら、こんなに嬉しい事はない。

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
ワンマンライブまであと22日☆


〜楽器とワタシ。 楽器を通してその人間性を見る〜

三線に初めて触れたのは、2007年11月の下旬だったか12月だったか。
祖母が亡くなり、遺品の中から三線が出てきた。
その時、初めて触れた三線。
弦を弾いて音を出してみた。
生の三線の音を聴いたのも、この時が初めて。
想像以上に深く響いた心地の良い音に、アタシと妹は衝撃を受けた。

祖母の三線は、その後、叔父の元へ。
翌年の4月、祖母の納骨のため、家族&親戚と共に沖縄へ行った。
その時、妹が、『お揃いの三線買おう!』と言い出した。
アタシは、ギターを始めたばかりの頃だったので、三線を買う事に乗り気ではなかったんだけど、妹の強引な押しに加え、伯母が『三線買うなら、伯母ちゃんがお金出してあげる』と言い、更に三線屋で父が、そこそこ良さげな三線を指差し『2本買うからまけろ、ケースや付属品も全部つけろ』と圧迫交渉。
気の弱そうな店主は、その取引に応じ、良さげな三線2棹に、ケースや付属品諸々をそれぞれ付けて、『初心者セット』みたいな値段で売ってくれた。
そこへ三線屋の女将さんが帰って来た。
『あんたっ!この三線、そんな値段で売っちゃったの〜?』と、大激怒。
アタシはその三線の元々の値段を覚えてないんだけど、女将さんがそんなに怒るほどだったんだね。ごめんなさい。。

そんなこんなで、あれよあれよと妹とお揃いの三線を手に入れた。
要領の良い妹は、さっそく『てぃんさぐぬ花』とかを弾いていたけど、アタシは、何か物事を始めるとなかなか上手くならないわけ。
ネットや教本を見ながら、独学で練習しても、一向に上手くならない。
ネットで三線のことを色々調べていたら、横浜で三線教室を見つけた。
ちょっとだけ通ってみようと思った。
基本的な事だけ教わろう、と。
半年くらい通って基本だけ習ったらすぐ辞めよう、って思って通い始めたのに、気付いたら10年近く通っていた。
沖縄民謡をメインに習った。
アタシは、沖縄のポップスよりも、民謡の方が好き。
実家で民謡を練習していたら、母に、『お婆ちゃんが乗り移ってるみたい』と言われた。
ソロのライブで沖縄民謡を歌ったら、『小さいお婆ちゃんが踊ってるのが見えた』と、霊感の強いお客さんに言われた事もある。
アタシが三線を弾くことを、お婆ちゃんが喜んでくれてるな〜っていうのは、感じるんだ。
お婆ちゃんに導かれたと言えば、そうなのかも知れない。

アタシの三線は、妹とお揃いで、伯母がお金を出してくれて、父が値切ってくれて(笑)、アタシの元へ来た。
三線は、弾けば弾くほど良く鳴るという。
新しい三線が欲しいと思った事は一度もない。
たとえ、誰かがもっと高級な三線をくれるって言っても、全然嬉しくない。
アタシは一生この三線を使いたいんだ。



■2018年6月9日(土)@横浜 音小屋
猫丸エクスプロージョン
ワンマンライブ
『沈没船の宝箱 vol. 1』
Open 18:30 / Start 19:00
Charge ? 1,800 (1 drink付き)
ゲスト MeLONSWiNG カラメルヒロ Monchika

【お問い合わせ】
横浜 音小屋
横浜市中区長者町1-4-13 第7 Z西村ビル B1F
TEL 070-5071-3953
URL : taku6.wix.com/necoya

| 猫丸 | - | comments(0) | - | - | - |
ワンマンライブまであと、23日☆
Facebookに上げてるカウントダウン記事、今回はドラムのモトイ氏が書いてくれました。

〜出会いは突然に……encounter of sudden〜

うん…ネタがありません(笑)
そこで、猫丸ちゃんとヒデと出会った日の事を思い出してみます。

猫丸ちゃんとは共通の知り合いのバンド「The Risky Drive Show」のライブで知り合ったと思います。
最前列で髪を振り回し、ビールを呑み干しながら踊る彼女。
たまに、猫丸ちゃんのバンド「修羅場温泉チャンネル」のベーシストのリーにビールを買って来てもらってたり、遠目から見ていてとてもカッコよく、「男前だな〜!」とホレボレしました(笑)
ライブハウスでたまに会って挨拶する程度だったのですが、彼女が猫エクを始める時、自分に声を掛けて下さりました。
ありがとうございます!今の僕があるのはアナタのお陰と言っても過言じゃありません!
サンキュー!猫丸ちゃん?

ヒデもそう言えば、リスキーのライブで会いました。
まだ、音小屋が元町にあった頃、話す相手がいなくて「帰ろっかな〜」って思ってたら、猫丸ちゃんが自分を彼女の友達に紹介してくれました。
「この人、モトイさんって言うんだけど、○○君に似てなーい?」と。
そう紹介された猫丸ちゃんのお友達はビミョーな感じでしたが、その中にぽつねん…っと静かに微笑をたたえていた少年…じゃないな(笑)男性。
それがヒデ“むくチック!?ドラマチック!!“でした。
その時の衝撃……これが恋ならその場でプロポーズしたほど、彼には僕を引き付ける魅力がありました。
「こんな好青年、久しぶりに見たな〜」 酔っ払って、ぺちゃくちゃうるさい自分とは相対的で、まるで「静かなる森?林?雑木林?」そんな印象のヒデ“サイレントツリー“でした。

それから1年ほど経ち、猫丸ちゃんにバンドに誘われてギターがそのヒデで凄く嬉しかったな〜
ヒデは自分が作った拙いコード進行の曲を聴いても、面白がって、真剣に聴いてくれたんだ。
サンキュー!ヒデサイレント?
こんな出会いかな?(笑)

頑張ろう!6/9!!頑張ろう!猫丸エクスプロージョンたち!!

■2018年6月9日(土)@横浜 音小屋
猫丸エクスプロージョン
ワンマンライブ
『沈没船の宝箱 vol. 1』
Open 18:30 / Start 19:00
Charge ? 1,800 (1 drink付き)
ゲスト MeLONSWiNG カラメルヒロ Monchika

【お問い合わせ】
横浜 音小屋
横浜市中区長者町1-4-13 第7 Z西村ビル B1F
TEL 070-5071-3953
URL : taku6.wix.com/necoya

| 猫丸 | - | comments(0) | - | - | - |
ワンマンライブまであと24日☆
〜猫丸エクスプロージョンの曲紹介〜

【ラブ & ジェラシー】
この曲も、ギターが弾けるようになったばかりの頃に作った歌。
当時のアタシは、とってもサバサバ…というかむしろ、バサバサしていて、ニヒリスト的思考回路だった。
生命は、混沌の中の偶然の産物。
地球上に生命が生まれた『意味』なんて、本来、無い。
分子どうしが、たまたま偶然、化学反応しただけだから。
そんな、カオスな物質のスープの中にも物理化学的な法則はある。
アレとコレが近づけばくっつく、とか、上にあるものは落ちる、とか、温度が上がると対流が起こるとか。
そういう中で、たまたま偶然、アミノ酸が出来た、核酸が出来た、というだけ。
そんな化学進化の成れの果ての果ての果ての、ずーーっと果てに、我らがいる。
そう考えた時に、人間関係も、同じなのでは?と、思ったわけ。
アタシ達は、たまたま出会った人達の中で、生きている。
『神様どうか、運命の人と出逢わせて下さい!』みたいなこと言う人いるけど、当時のバサバサしたアタシは、『運命なんて無いし、神様なんていないし、ましてや、赤い糸なんて、あるわきゃねー』って、思ってた。
でも、物質が混沌の中で出会ってくっつくのと、人間が社会の中で出逢って一緒にいるのは、ひとつ、大きな違いがある。
それは、自分の『意思』だ。
自分がこの人と一緒に居たいかどうか。
そこなんだよね〜って。
自問自答を繰り返してる歌です。


■2018年6月9日(土)@横浜 音小屋
猫丸エクスプロージョン
ワンマンライブ
『沈没船の宝箱 vol. 1』
Open 18:30 / Start 19:00
Charge ? 1,800 (1 drink付き)
ゲスト MeLONSWiNG カラメルヒロ Monchika

【お問い合わせ】
横浜 音小屋
横浜市中区長者町1-4-13 第7 Z西村ビル B1F
TEL 070-5071-3953
URL : taku6.wix.com/necoya

| 猫丸 | - | comments(0) | - | - | - |
ワンマンライブまであと25日☆
Facebookでやってるワンマンライブまでのカウントダウン記事、今回は、ギターのヒデ氏がアップしてくれたので、ここにもコピペします。

〜楽器とワタシ。 楽器を通してその人間性を見る〜

20数年使ってきたメインギター。
今違うギター使ってるけど、なんとなくメインギター。
66年製 Jazzmaster。
ギターを手に入れる時いつも見た目で決めてしまう。音は二の次。
このギターもそう。好きなアーティストが使ってたのもあるけど、溶けちゃったようなこの形がとにかく好きで、特に青が好きというわけでもないけど、このギターはこの色だった。なんとなく。
それに昔は使ってる人もあまりいないのもあって買ったけど、今はワンサカいるね。
そして音は扱いづらく、当時はひどい音出してました…多分。
猫エクでは少しはまともに出せてるかな。
でも上手い人ってどんな楽器だろうとその人の音出すよね。
さらに言ってしまえば、いい音楽を創り出せて、表現できれば楽器なんてなんでもいいんだけどね。
ましてや楽器やってない人から見たらギターなんて全部同じだろうし…

まぁ なんとなくこのギターが好きなんです。

■2018年6月9日(土)@横浜 音小屋
猫丸エクスプロージョン
ワンマンライブ
『沈没船の宝箱 vol. 1』
Open 18:30 / Start 19:00
Charge ? 1,800 (1 drink付き)
ゲスト MeLONSWiNG カラメルヒロ Monchika

【お問い合わせ】
横浜 音小屋
横浜市中区長者町1-4-13 第7 Z西村ビル B1F
TEL 070-5071-3953
URL : taku6.wix.com/necoya

| 猫丸 | - | comments(0) | - | - | - |
ハープとのコラボ


5月26日(土)・27日(日)に開催される「2018ふじさわ産業フェスタ」で歌わせて頂くことになりました!
→https://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/indus1/fujisawasangyofes.html
5月26日(土)の13時から30分、メインステージで演奏します。

今回は、なんと!
湘南界隈では名の知れた実力派ハーピスト、居相毅さんとのコラボです♪

アタシ、ハーモニカとのコラボって、ほとんど無い。
百戦錬磨の居相さんは、即興で合わせられるとのことだったのですが、居相さんのあの素晴らしいハープが入ると、きっとアタシは歌詞が飛ぶな、と(笑)。
どんな感じになるのか、心の準備をしとかないと、絶対にアタシは聴き入ってしまって、自分の演奏が危ういな、と。
そう判断したので、昨日、急遽、リハやりました。

居相さんとは、何度か対バンしたり、オープンマイクでご一緒したことはあるのですが、一緒に音を出すのは、初めて。
曲の展開やキーを、一切伝えて無いのに、居相さんは、即興でスルッと合わせてくる。
一方アタシは、予想通り、ドラマチックなハープにつられて、メロディラインが変わる(笑)。
自分で作ってずっと歌ってきた曲なのに、初めて合わせるハープのメロディに引き寄せられてその引力から抜け出せないという、不思議な現象が起きた、昨日のリハでした。

今晩は、茅ヶ崎駅南口徒歩10秒のオジサンチという店のオープンマイク。
居相さんも来るみたいなので、一緒に演奏出来るかも知れないな。

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
ワンマンライブまであと26日☆
Facebookでやってる、ワンマンライブまでのカウントダウン記事、今回は、ドラムのモトイさんがアップしてくれたので、ここにコピペします(^-^)

〜楽器とワタシ。 楽器を通してその人間性を見る〜

ドラムに興味を持ち、毛糸の編み棒で約1年ぐらいモッズに合わせてクッションを叩き、それで結構満足していたのですが、中3の時、友達がドラムセットを買い、そこで初めて本物のドラムを叩きました。
音が大きくてマジ、ビビったの覚えています。クッションとはやはり違う(笑)

それから32年ほど経ち、今まで何個もスネアやシンバルを買いました。
でも、いつもすぐ売ってしまってました。

猫エクを始めた時、楽器はなにも持っていなくて、1年ほどやっていましたが、どんどん猫エクに本気になって来て、2014の2月ぐらいに、久しぶりに楽器を買いました。
バスドラムを踏むペダルです。
かれこれ4年使っていますが、我がドラム人生で一番長く使っているアイテムです。
4年で一番長いって…(笑)
ごめんよ、過去の楽器達…元気ですか?
ワタシは元気です(笑)

猫エクのメンバーは、みんなそれぞれの楽器に愛着を持ち、「この楽器で演奏したい!」って気持ちが見えました。
カッコいいな〜と思いました。
今まで、ちょっとお金に困ったらすぐ楽器屋さんや質屋に入れていた自分が恥ずかしい(笑)

猫エクを始めてから買った楽器は多分…いや、絶対手放さず、ずっと大事にするんだ〜♪

| 猫丸 | - | comments(0) | - | - | - |
PROFILE
ENTRY
ARCHIVES
COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS