<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ヨガ
久しぶりにヨガに行った。
縮こまった身体を伸ばすの、気持ち良い。
全然縮こまってないと思っていたけど、動きやすい服で、先生に導かれながら動くと、自分が最近伸ばしてない部分があることに気付く。
ほんと、気持ち良い(^-^)
今日、ヨガに行けて良かった。

| 猫丸 | - | comments(1) | - | - | - |
柿酢
先週会社で、お掃除のオバチャンに、『柿酢』なるものを教えてもらった。
身体にとても良いんだとか。

興味津々で聞いていたら、『作ってみる?』と、柿をくれた。
甘柿と渋柿の2種類。

甘柿は普通に食べて美味しいから、柿酢にするのは渋柿を使ったらいいよ、と、渋柿多めで分けてくれた。

で、言われた通り、皮はむかずにヘタだけ取って、容器に入れた。



これを、来年の春まで冷暗所に置いておくだけらしい。
楽しみだなぁ(^-^)

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
騙された!
朝の情報番組で、
『今日の横浜の最高気温は19℃』とか言ってたから、薄着で出掛けた。
確かに、昨日の暖気が残っていて、朝は暖かかったんだけど、職場に着くまでにどんどん寒くなった。
しかも、バスを降りて歩いてる時、急に雨が激しくなって、スカートもブーツもびしょ濡れ。
足が濡れて余計に寒い。
寒いのが大嫌いなアタシ的には、マジ最悪。
会社の応接室に、スカート干したよ。

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
師走
今日から12月。
でも、とても暖かい一日だった。
久しぶりに自宅でのんびり過ごせた。

夕方、買い物に出た。
海も空も綺麗。



ずっと、ここに住めたら良いなぁ。

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
唄あしびナイト
昨日は、藤沢のインディアンサマーというお店で歌いました。
ありがとうございました。

このイベントは、カオリさんという方に誘って頂きました。
9月に、『海三線の演奏会』というイベントに出させて頂いたのですが、その時にカオリさんと知り合いました。
『海三線の演奏会』の時も、今回の『唄あしびナイト』も、茅ヶ崎の矢島先生の三線教室のお弟子さんがやってるみたい。
10組の出演者がいたんだけど、多分、ほとんどの方が矢島先生のお弟子さんで、2〜4人のグループでの演奏が多かった。
しかも、ハモったり、ギターや笛やアコーディオンを入れたりして、ちょっと素敵な沖縄民謡。
自分たちでアレンジしてるのかなぁ?

お弟子さん同士でユニットを組んで、自主的にライブのイベントを開催するなんて、凄いね。
今回、矢島先生は不在につき、不参加。
弟子だけで勝手に盛り上がってる的な(笑)。
みんな仲良さげだし、矢島三線教室、どんなお稽古してるのか、ちょっと気になる。

今回、アタシは2曲のみの演奏。
2曲だと、MCのタイミングが難しい。
最初に話すか、1曲目と2曲目の間に話すかしかない。
1曲目と2曲目を繋げたかったアタシは、最初にMCするしかなかったのに、なんか緊張して、すぐに演奏を始めてしまって、アウェーなくせに自己紹介をするのを忘れたのです。
司会の方が、少し紹介してくださったけど、突然現れたアタシが誰なのか分からない人が多い中、唄の中の合いの手を入れてくださったり、手拍子してくださったり、とても楽しく歌えました。
ありがとうございました。
また機会があったら、ご一緒させて頂きたいと思いました。

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
島唄
モンチカ先生の個人レッスンだった。

今日は、舌の力を抜いて歌う練習を志願して、歌う曲は、THE BOOMの『島唄』にした。

この歌、大好きなんだけど、どうも上手く歌えない。
だから、舌の力を抜く練習をしながら、この歌が上手く歌えるようにしようという、一石二鳥狙い(笑)。

昔、口を大きく開けて歌うようにと習ったけど、アタシはちょっと顎関節症気味だから、あんまり口を大きく開けると、舌の付け根に力が入るみたい。
だから、開ける口の大きさを決めるところから始まった。
鏡を見ながら、口が閉じすぎず開きすぎないように注意しながら歌った。

THE BOOMの『島唄』は、戦争の歌。
サトウキビ畑で歌い遊んだ友達は、戦争で死んで、永遠にさようならだと歌ってる。

沖縄は地上戦で、多くの民間人が巻き添えになった。
アタシも、今こうしてモンチカ先生と歌っているけど、戦争になったら、そういう事になるわけでしょ?
急に悲しくなった。

モンチカ先生が、テレビで見たという沖縄のお爺さんの話をしてくれた。

そのお爺さんが語った、ご自身の体験談。
沖縄戦が激しさを増す中。
逃げるのに足手まといな怪我人は、その家族が殺すようにとのこと。
当時まだ子供だったそのお爺さんに、日本兵はピストルを渡し、怪我をしたお母さんを撃つように言った。
少年は自分の母親を撃ち殺した。

そんな話を聞いて、アタシはわんわん泣いた。
自分がその立場だったら、どんなに悲しいだろうか。
子供は誰だってお母さんが大好きじゃない?
そのお母さんを、殺さなくちゃならないとなったら?

急に、戦争の悲劇が自分の事のように思えた。
大好きな家族や友達がみんな死んで、残された自分は、何を思うだろう。
もう二度と、こんな悲劇を起こさないでくれって思うよ。

島唄よ風に乗り
鳥と共に海を渡れ
島唄よ風に乗り
届けておくれ私の涙

この歌詞は、死んだ友達に言ってるんだと思っていたけど、そうじゃないって思った。
戦争が起きても良いと思ってる世界中の全ての人に言ってるんだと思った。
もう、お願いだから、絶対にそんな事やめてくれと。

島唄。
大好きな歌だったけど、こんなに感情移入したのは、初めてだった。
泣いて全く歌えなくなる。
それでも良いとモンチカ先生は言う。
この感情が刷り込まれたら、あとは自然にその感情が出るから、他の事(息をもっと吸うとか、ここは裏声、ここは地声、といった技術的なこと)を考えながら歌っても大丈夫、と言う。
もし仮に、感極まって歌が変になっても、それはそれで良い。
歌は技術力より、『想い』の方が大事だと、モンチカ先生は言うのです。
その言葉に、また感動。

本当に、毎回、素晴らしいレッスンをありがとうございます。

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
明日、藤沢


明日、藤沢のインディアンサマーというお店で歌います。
三線のイベントです(^-^)

詳細は、こちら↓
だれかれ唄あしびナイト

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
お母さんの誕生日
お母さんの誕生日だったので、実家に帰った。

妹がドイツでどんな生活をしているのか、アタシが見てきたことを事細かに話したら、ちょっと安心したようだった。
良かった(^-^)

実家は、いつもと変わらない沖田家だった。
お父さんもお母さんも、元気でいてくれてありがとう。

両親が育ててる柴犬のシェリが、やんちゃ坊主で手を焼いてる。



シェリは、アタシのことを遊び相手としか見ていない。
シェリは甘えてアタシを噛むんだけど、本当に痛いから、『噛んだらダメ!』って言って叩こうとすると、凄い瞬発力で逃げる。
んで、そのまま追いかけっこが始まる。
シェリはそれが楽しいみたいなんだ。
だから、『噛んだらダメ!』ってしつけてるつもりなのに、『お姉ちゃんを噛んだら追いかけっこが出来る♪』というしつけになってるわけ。
困った子だ。

お母さんの誕生日だから、近くのお寿司屋さんにお寿司を食べに行った。
初めて行ったけど、美味しかった。

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
こっちがさきよ
たび重なる旅も終わり、日常が始まりました。
これから年度末までは、仕事が忙しくなる予定。
いっぱい楽しんだから、奴隷の様に働きます。
4月までは、奴隷強化月間です。

そんな、奴隷強化月間初日。
地元茅ヶ崎のぱぱっちというお店で、モンチカ先生主催のイベント『こっちがさきよ』が開催されました。
今回は、福岡から、スミダリオタさんがゲストで登場。



スミダリオタさんは、何年か前にバンドのツアーで福岡に行った時に出逢ったミュージシャン。
その後も何度も福岡でお世話になっている 。

福岡でしか会ったことがなかった、めんたいロックンローラー・スミダリオタさんと、茅ヶ崎で逢えるなんて嬉しい!!
でも、炸裂する博多弁トークに、『ここはどこ?』という感覚に何度も陥った。

ミュージシャンは楽器ひとつ持って世界中どこでへでも行けるよね。
アタシももっと腕を磨いて、楽器ひとつ持って世界中行こう(^-^)


今回の『こっちがさきよ』は、平日だったため、奴隷の様に働いてるアタシは途中参加。
先攻のモンチカ先生を途中からしか見れなかった。
ごめんぷー(T-T)

シークレットゲストの演奏を挟んで、後攻がスミダさん。
シークレットゲスト、なんと、ぱぱっちマスター(笑)。
モンチカ先生とのコラボで一曲演奏。
ありそうでなかったレアなツーショットだな。

そして、後攻のスミダリオタさん。
ギターの音が心地良い。
スミダさんの弾くアコギのグルーブって、なんか独特。
もっと観たいと思う。

最後に、モンチカ先生とスミダさんのコラボ。



実力派の共演!
凄く良かった(^-^)

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
御墓参り


伊江島にお婆ちゃんの御墓参りに行った。
今回は、エリアの兄と弟とスタッフウエキングと一緒に島に渡った。

いつも家族で行く時と同じように、本島でお花とほうきとちりとりを買い、伊江島のコンビニで線香と水とお菓子を買い、お墓へ。
お墓でアタシだけ車を降りて、他の3人は伊江島観光へ。

お墓を掃除して、御線香を立て、お水とお菓子をお供えして、三線を弾いた。



とても気持ちの良い時間だった。

しばらくして、みんなと合流し、フェリーの時間までちょっと観光。



天気も良くて、ほのぼのと、良い時間が過ごせた。


そう。
前日に、みんなで美ら海水族館に行った時、兄ちゃんが向かいに見える伊江島を指差して、『明日、俺たち、あの島に行くんだぜ〜』とみんなに話してて、みんなが『えー!良いな〜!行きたい〜』みたいな雰囲気になってたんだ。
でも、アタシ的には、『行っても何も無くてつまんなかったー』ってなるんじゃないかなぁ?と思ってた。
せっかくの沖縄旅行の一日を無駄にしてしまうのでは…と、ちょっと心配していたんだけど、楽しめたみたいで嬉しかった。

アタシの御墓参りに付き合ってくれて、ありがとう(^-^)

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
PROFILE
ENTRY
ARCHIVES
COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS