<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
危険物乙6
今日は、雪の降る中、危険物取扱者乙種第6類(略して、危険物乙6)の試験を受けに行った。
まだ合否は発表されてないけど、なんとなく、出来た感がある。
これが受かれば、乙種コンプリートだ。

チマチマと、危険物乙種を1類からひとつずつ6類まで受けてきたのには、ワケがある。

うちの会社は、毎年、『目標設定シート』なる書類を書かされるわけだけど、年度末には、その『目標達成率』を書かされる。
その良否が、どうやらボーナスの増減に関与するらしい。

会社に向けた『今年度の目標』って、意外と難しい。
個人的な目標なら、『他人の悪口を言わない』とか、『遅刻をしない』とか、『ヨガのこのポーズができるようになる』とか、いくらでもあるけど、会社の評価の対象になり得る目標って??
だから、会社が推奨する資格の取得が手っ取り早いわけ。
でも、あまりハイレベルな資格だと、頑張って勉強しても落ちるかも知れないじゃない?
落ちたら、『目標達成率』が0%になってしまうので、難しい資格と並行して、片手間に勉強出来る難易度そこそこの資格を書いておく。
試験範囲がそんなに広くなくて、テキストを覚えりゃ良い、っていう危険物乙種は、そんなアタシにとって、好都合な資格だった。
今まで、危険物乙種があったから良かったけど、次は何を『押さえ』にしようか、悩む。
同じような路線で、『消防設備士乙種』っていうのが1類〜7類まであるみたいなんだけど。。
アタシは一体、どこに向かっているのだろうか(笑)??

| 猫丸 | - | comments(0) | - | - | - |
明後日音小屋で萬屋寿


明後日の日曜日、音小屋で萬屋寿演りますっ☆

■2020年1月19日(日)@横浜 音小屋
Open 18:30 Start 19:00
Charge ¥1,800 (1drink 付き)
【出演】
萬屋寿
ばるす
HAIRSPRAY PSYCHE
平安利也ザ淡麗バンド。
*バンド『萬屋寿』で21:15出演予定!
【お問い合わせ】
横浜 音小屋
横浜市中区長者町1-4-13 第7 Z西村ビル B1F
TEL 070-5071-3953
URL : http://taku6.wix.com/necoya

| 猫丸 | - | comments(1) | - | - | - |
次々と


こないだと同じ内容なんだけど、他の新聞にも載ったみたい。
研究員さんが、『また載りましたよー』と、新聞の切り抜きのコピーを持って来てくれた。

こんなに何社にも載るって、会社的にもあんまりないみたい。
『研究員さんが優秀だからですねー』とアタシが言うと、
『たまたまテーマが良かったんですよ』と謙遜。
デキる人は謙虚ですね〜。


ところで、
アタシが長年使っていた分析装置の新機種を導入するとのことで、古い装置を廃棄した。
たぶん、アタシが最も使った装置。
約20年、使い倒した感がある。
PCはMacのOS9とかだったけど、安定していたし、装置も定期的にメンテナンスしてとても良い状態だった。
まだ使えるのに、廃棄するのは心が痛む。
愛着のある装置だったからなぁ。。

今度の2月に、会社で『技術フェア』というイベントが、開催される。
残念ながら招待状がある人しか入れないんだけど、研究所の中を見学してもらいながらこの会社の技術の紹介をするイベントらしい。
分析装置も、このイベントに間に合うように買い換えてる感がある。
アタシがいつも居る実験室も、色んな物が次々と新しくなっていってる。
『実験室』ではなくて、『ラボ』って感じ。
ちょっと前までは、古めかしい実験室だったのに、実験棟を建て替えて、いっきに近未来化。
かつて一緒に仕事していたTACチームの仲間に、今の実験室を見せたいなぁ。

| 猫丸 | - | comments(1) | - | - | - |
勉強会
今日は、月に一度のヴェーダーンタ勉強会だった。
今回もまた、とても興味深いお話を聞いた。

この世のありとあらゆるものは、3つの質を持っている。
その質というのが、ラジャス、タマス、サットヴァ。
ラジャスは、激。
タマスは、鈍。
サットヴァは、純。
この3つの質が、多くなったり少なくなったりしながら、アタシたちは生きている。

アドレナリンが出てアグレッシブなときは、ラジャスが多い。
身体が重くて動きたくないような時や、頭がぼんやりしてるような時は、タマスが多くなっている。
思考がクリアになって、感謝の気持ちがあるときは、サットヴァが多い。
それらは、季節や時間帯によっても変化するんだ。
夜はタマスが多くなるから眠くなるし、朝はサットヴァが多くなるから目が覚める、みたいな感じで。

また、生物と無生物の違いも、ヴェーダーンタは定義している。
先生が、『生物と無生物の違いって、なんだと思う?』と聞いた。

学校で習った生物の定義は、『自己増殖能力があること』って習った。
自己増殖能力っていうのは、自分たちの力で子孫を残せるっていう意味だから、他の生物(宿主)がいないと増殖出来ないウィルスは生物ではない、という議論があった。
ちなみにアタシは、『代謝するのが生物』って思う。

ヴェーダーンタでは、もっとシンプルに、ラジャスとサットヴァの質が多いものが生物、タマスの質が圧倒的に多いのが無生物、と考えるんだって。
へー。面白い。
寝ている間にタマスが多くなるとはいえ、無生物になるほどではないから、ラジャスとサットヴァがそこそこあるんだね。

ひとの質の成長段階は、4ステップあるんだって。
(1)サットヴァ-ラジャス-タマス
(2)ラジャス-サットヴァ-タマス
(3)ラジャス-タマス-サットヴァ
(4)タマス-ラジャス-サットヴァ

質の成長は、必ず、(4)→(3)→(2)→(1)でしか進まない。

(4)は、タマスが最も多くて、次がラジャス、サットヴァが最も少ない。

これらは、インドのカースト制と関係があると言う。
カースト制というと、身分の高い人が自分の地位を死守するための理不尽な身分制度と思ってしまうけど、本来、そうではなかったんだとか。
もともと、カーストの分類は、職業の分類なだけで、偉い・偉くないという話では無かったらしい。
カルマの考えが根付いている文化だから、こういう風習があるんだ。

カルマの法則とは、自分の行いは、必ず結果が自分に返ってくるという考え。
良い行いをすると良いことが返って来る。
悪い行いをすると悪いことが返ってくる。
良いか悪いか分からないような行いも、何かの形で自分に返ってくる。
自分が撒いた種は、必ず自分で刈り取るしかないんだ。
また、自分のした行いの結果が、生きてるうちに返って来ない場合もある。
そういう場合は、死んで生まれ変わってから返ってくる。
これが、カルマの法則。

そんな、カルマの法則が根底にあるから、生まれた場所は、自分が前世で撒いた種を刈り取るために与えられた場所と考える。
貧しい家に生まれた人がアンラッキーなのではなくて、自分のカルマを刈り取るための最高の場所、と考えるわけだ。

(4)のタマス-ラジャス-サットヴァの段階で前世が終わった人は、(3)のラジャス-タマス-サットヴァの段階に行くための環境に生まれて来る。
タマス(動きたくない)の質を減らしてラジャス(活動的)の質を上げるには、身体を動かすのが良いので、身体を沢山使って仕事する、シュードラという職業の家に生まれてくる、というわけなんだ。
シュードラって、『奴隷』って思っちゃうけど、元々は、『他の職業の人を手伝う職業』ってことで、蔑まれる身分ではなかった。

悲しいことに、そういう本来の意図が分からなくなって、理不尽な身分制度みたいになってしまっている。

でも、その話を聞いて、アタシはちょっと羨ましくも思った。
職業を選べる今のこの環境は、本当に素晴らしいと思うけど、逆に迷いも多くて、アタシはずっと迷っている。
この仕事、自分に向いてないんじゃないかとか、もっと他に天職があるんじゃないかとか、ずっと迷って20年以上費やしてる。
こんなことなら、生まれた時から『この職業が自分の生きる道』と割り切って全力で邁進するのは、潔くて良い。

なんだかふにゃふにゃ迷ってないで、ここで刈り取るべき自分のカルマがある、って思って仕事頑張ろうと思います。

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
プレスリリース
アタシが携わった仕事が、新聞記事になったよと、親会社の研究員さんが新聞の記事をコピーして持って来てくれた。



記事には、この仕事の担当者である研究員さんの名前も出ないし、いわんや下請けであるアタシの名前も所属も出るわけ無いんだけど、ちょっと嬉しかった。

研究員さんの中には、成果が世に出ても、手伝ったアタシたちには一切教えてくれない人もいるんだ。
でも、『猫丸さんがやってくれた仕事だから』と言って、こうやってコピーまで持って来てくれるなんて、本当に嬉しい!
『これからもよろしくね』と言われると、『喜んで!』と言う気持ちになる。

このコピーを事務所に持ち帰り、偉い人に報告したら、偉い人も喜んでくれた。
本当に嬉しかった(^-^)

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
今年の抱負
2020年初出社。
親会社の研究員のYさんが、おもむろに、
『猫丸さん、今年の抱負、ある?』
と、聞いてきたので、
『まだ決めてないけど、Yさんは何かあるんですか?』と聞くと、教えてくれた。
その方は、自分の今年の抱負を、色んな人に宣言してまわってるみたい。
周りに宣言することで、効果があるんだと。
なるほど。

そこでアタシも考えた。
今年の抱負は、
『一日一善・一感謝』

去年の夏頃、感謝強化月間をやっていたのに、すっかり忘れてた。
だから、再び。
今年は、感謝強化年間。
そして、良い行いを、1日にひとつくらいはしようと思います。

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
深夜の散歩
昨夜、シェリ(柴犬)と2人で散歩した。
いつもは、両親がシェリの散歩に行く時に、アタシはただ付いて行くだけなんだけど、今回は、アタシとシェリのマンツーマンだから、アタシはシェリの赴くままに行ってみようと思った。
さぁ、シェリは、自分の意思で、どういうルートを歩くのか?

すると、シェリは、アタシの顔色を伺うでもなく、スッスと歩いて行く。
いつも両親と一緒の時に歩く都立公園ではなかった。
でも、ちゃあんと道の端を歩いて、アタシには分からない何かがあると、そこでマーキングする。
どこでもやたらとマーキングするわけじゃないんだよね。
匂いを嗅いで、ヨシ!って思ったところだけにマーキングするみたい。
その判断基準がなんなのか、アタシには全然わからない。
シェリの赴くままに付いて行ったんだけど、シェリは分かれ道でも迷うことなく道を選んで進んで行く。
ちょっとこっちに行ってみようかな、とか、どっちに行けば良いのかな、みたいな迷いは一切無い。
不思議。

深夜の散歩にしては、ちょっと遠くまで来すぎたので、途中でシェリに、『もう、おうちに帰ろう』って言ったんだ。
するとシェリは、スタスタと、家の方に向かって歩き出した。
アタシはただシェリに付いて行くだけだったけど、シェリはちゃあんと、家に帰った。
犬って、すごい。

家に帰ってお母さんに聞くと、今日通ったルートでも、散歩するとのこと。
お母さんが連れて歩いた道を、シェリはちゃあんと辿って、行って帰って来れるんだねー。
可愛い(^-^)

道路を横断する時に、車が来ないかを確認してから渡るように躾が出来たら、シェリひとりで勝手に散歩に行って帰って来れるんだな。

これは、元日の散歩の時のシェリ↓

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
謹賀新年


あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします(^-^)


今年の年末年始も実家でのんべんだらりと過ごしました。
食う→寝る→犬と遊ぶの三拍子。

今年も穏やかな日々が過ごせますように。


| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
トラベルイヤー2019
今年は沢山、旅をした。

春のモンネコ旅では、出雲大社→日本海側の海っぺりをローカル線で辿り→山口→福岡へ。
そして、博多でライブ。

7月には、沖縄石垣島へひとり旅。
ずっとやってみたかったミンサー織りを初体験☆

10月は、妹の住むドイツへ!
ドイツ初上陸!

11月は、タイへ!
人生初の海外ライブっ!!

11月は、更に、沖縄へ!
本場沖縄で、三線ライブ!
&お婆ちゃんのお墓参り!


旅をいっぱいして、エキサイティングな一年だった。
これからも、どんどん旅をしよう。

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
イルミネーション
茅ヶ崎に引っ越してきて3年。
茅ヶ崎から江ノ島が見えるんだけど、
毎年、この季節、江ノ島のてっぺんがキラキラしてるんだ。
江ノ島のあそこでは、何が行われているんだろう?と、気にはなっていたけど、寒くて行くガッツが出なかった。


が!

ついに、行ってみた。





見てこれ!!
予想以上のドラマチックイルミネーションっ!!



うひょ〜!!










びっくりした!!

| 猫丸 | - | comments(2) | - | - | - |
PROFILE
ENTRY
ARCHIVES
COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS